d0143739_2223347.jpg
新緑も深い色合いに落着き、いよいよ夏への準備万端と言った和田堀公園。うだる暑さが来る前に、BBQやスポーツに勤しむ人の多いこと。池には野鳥の群れがたくさんいるので、カワセミなどを狙って撮影しているベテランのカメラマンも多くシャッターチャンスを狙っている。カメラの話しなんて聞こうものなら、止まらなくなるんだろうなぁ。

d0143739_23111779.jpg
ぼくもそんな一人で、日がな一日カブと散歩。彼の大好きな水辺もあり、もちろん土の上を歩いてほっこり具合の満足顔。

d0143739_23144379.jpg
緑の奥に目が覚めるような紅の格子?!散歩のついでのお目当ては、あのドラマでも登場した公園のオアシスなのだ♪

d0143739_019593.jpg
ここは、食堂と釣り堀を兼用している変わったショップ。休日の散歩ついでに親子やおじいちゃんと孫、釣り堀デートでフラッと訪れられるなんて愛くるしい憩いお場所なんだろうな。

d0143739_23591186.jpg
嬉しいことに犬同伴でも入店可能!食堂エリアは、ビニールハウスのよう区切られていて開放感があり、気どらずちょっと異空間な雰囲気がお気に入り。

d0143739_032347.jpg
そうそう、このオムライス!
チキンライスを薄い玉子の幕で包んだ懐かしい逸品。都会で主流なとろとろふわふわよりも、ぼくはずっとこっちが好きなんです♪ 味はちょっと濃いめで、ガツンとケチャップが出迎えてこれて最後までケチャップがお見送りしてくれます☆(゚∀゚)

*******************
つり堀 武蔵野園《西永福寺》
●定休日:火曜 ●電話:03-3312-2723
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪



[PR]
d0143739_22314083.jpg
ゆっくり神楽坂を歩いてみよう。
ほぼ毎週訪れているこの街も案外素通りしているので、何もない休日は新しいカメラ持ってあてもなくぶらぶらと。

d0143739_2325331.jpg
目移りするほどの美味しそうなお店が軒を連ねる神楽坂通り。
どこに行っても満足出来そう、美味しそう。ずずずいーっと歩いて、結局、前々から気になっていた大きな肉まんを店頭販売している老舗の神楽坂・五十番・本店。

d0143739_23142812.jpg
圧倒的な存在感、どどーんと肉まんとラーメンのセット!
ボリューム満点の肉まんは、肉汁が溢れ出すので要注意!どんなにキレイな女子でも二つに割って、傾けてすするしかない。1滴さえこぼしたくはない透き通った黄金の肉汁は、幸せのスープ?!

オーソドックスなラーメンとの味のバランスもいいんだけど、ぼくにはちょっと多いかな...。半ラーメンくらいでも充分です。

*******************
五十番・神楽坂本店《神楽坂》
●定休日:なし ●電話:03-3260-0066
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


* * * * * *

d0143739_073335.jpg
あんなにぶらぶら小径やらなんやら歩いたのに。
新しいカメラ買ったばかりなのに。
まったく写真撮らなかったなんて...。

気付けばここに来ていた、癒しの地域密着型の喫茶店。

d0143739_23593591.jpg
帽子みたいなシュークリームがお出迎え!ふわっと大きめな生地の中には、カスタードクリームと生クリームの2層のクリームが溢れんばかりに入っている!

d0143739_057398.jpg
ボリューム満点だけど、甘さ控えめで肉まん食べた散歩後でもペロリと食べられててしまう。ポテンシャルの高い神楽坂名物スイーツ!こんなのが、普通の喫茶店でお安くコーヒーなんてセットで頂けるんだからうれしい♪

*******************
コパン《神楽坂》
●定休日:なし ●電話:03-3267-7779
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


* * * * * *

所属しているMWOの演奏会が近々開催します。

 ♪MWO 第7回定期演奏会
 ---------------------------------------------
 日 時 2015年5月16日[土] 13:10開場/14:00開演
 場 所 ティアラこうとう 大ホール
 指 揮 須山 芳博 川村 慎敬
 料 金 500円(全席自由)

 曲 目 真島俊夫*三つのジャポニスム
     グレインジャー*リンカンシャーの花束
     R.シュトラウス*万霊節 作品10-8
     建部知弘*コンサートマーチ「テイクオフ」
     心に染みる「映画音楽」名曲選
 主催:マシュアールウインドオーケストラ
 後援:東京都一般吹奏楽連盟

 お問い合せ:mail_mwo@yahoo.co.jp

d0143739_154096.jpg



[PR]
d0143739_2256416.jpg
5月から転職することにして、GW前に束の間のお休み。
ノープランの新潟滞在は、なにがどうなってなのか?!歴史が灯る芭蕉も巡る「おくの細道」山寺の立石寺に連れてってもらうおんぶにだっこ旅。そそり立つこの山を登るのだ!

d0143739_0455796.jpg
山登りの前に腹ごしらえ。ここに入ってごはん食べると駐車場代がタダになると言うことで入ったのは麓の食堂「えんどう」。

お土産屋併設で、名物芋煮・手作りの「おやき」など味わえるノスタルジックなお店。言われるがままにいただいた芋煮は、出汁の染みた里芋に大きな車麩、ネギが爽やかにまとめてくれる、ならではの味なのだ。

*******************
えんどう《山寺》
●定休日:なし ●電話:023-695-2126
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


* * * * * *

d0143739_115126.jpg
およそ1000段あると言われる階段をひたすら登るのみ。まだまだ地上に近いところは植木もきれいに整っていて人工的な雰囲気を感じられる。

d0143739_185829.jpg
山の自然にそってつくられたこの参道は、昔からの修行者の道。細い道や葉の間から溢れる陽や岩肌の気配。閑さや岩にしみ入る蝉の声 と言う芭蕉の句を段々感じられる。

d0143739_1123154.jpg
ようやく見えてきた仁王門。

d0143739_131126.jpg
けやき材の優美な門で、左右に安置された仁王尊像。運慶の弟子たちの作といわれ邪心をもつ人は登ってはいけないと、睨みつける。

d0143739_133265.jpg
重要文化財に指定されている 納経堂。山内で最も古い建物で、麓からもその凛と下赤い佇まいが確認出来て、とても絵になる光景。

d0143739_1403991.jpg
その更に奥には、五大明王を祀って天下泰平を祈る 五大堂。山寺随一の展望台でもある。修行僧たちもきっと見たであろう風景。案外1000段って平気で登れるかも...。

d0143739_152221.jpg
頂上付近で見つけた小さなポスト?!
ここまで来るのには、もちろん車なんて不可能。投函された郵便物を回収するためには郵便屋さんはここまで歩いてくるしかない。1000段なんて平気って言ったけど、毎日ここまで来るのはさすがに辛いのでは?また、誰が投函するのか?そして、どれくらい空のポストに当たってしまうのか?

余計なお世話だとは思いつつ、思いを馳せずにはいられない...。




[PR]