d0143739_2336142.jpg
今日は「青」のジェットフォイルだよ♪ よかったねぇ!
テンション高くファミリーがそんな会話を交わす早朝の佐渡汽船。色分けされているであろうジェットフォイルの真相はいかに?!

d0143739_2341788.jpg
そんな正直どうでもいいことを思いながら新潟港から約1時間、佐渡は両津港に到着。港ではトキも出迎えてくれて、これから発見・感動・喜びのときが始まる予感。

d0143739_23453380.jpg
まずは、佐渡の歴史が織りなす聖地、佐渡金山へ。
まずは、日本最初の洋式立坑で平成元年まで採掘していた「大立竪坑」が現れます。ゴリッとした三菱のエンブレムが誇らしく、男の子はこう言うのがカッコいいと思うものなんです。

※大立竪坑(おおたてたてこう):1875年にドイツ人技術者を招いて開削した日本初の西洋式立坑(垂直坑道)。東西約3km、南北約600mに分布する佐渡金山の鉱脈群のほぼ中央に位置し、平成元の採掘中止まで大動脈として活躍。最終深度は352m。

d0143739_23444278.jpg
間もなく、江戸時代の発掘より約400年間に渡って採掘が行われた宗太夫坑に到着。

d0143739_23574918.jpg
記録的な暑さの続く日和、宗太夫坑の階段をどんどん降りるとカーディガンでも羽織りたくなるような肌寒さ...。

d0143739_01079.jpg
実際の採掘現場は、今では採掘は行われていなく、当時(江戸時代)の作業員の人形たちがせっせと当時の技法での採掘を再現している。

d0143739_0212359.jpg
もちろん採掘にあたる作業員は技術職人などプロフェッショナルが行うが、中には重労働な作業などは無宿人が行い、そのまま佐渡に定住し、普通の生活に戻った人もいたそう。

d0143739_0291940.jpg
とは言え、こんなに寒くて陽の当たらない場所での労働、ましてや危険でキツい仕事であることは間違いない。

d0143739_0395764.jpg
ここまでクオリティの高い等身大のジオラマだとは思ってませんでした。当時の作業様子のほか、人形の切ない表情や男臭さ、哀愁、台詞なども注目の金山跡です。

d0143739_053281.jpg
金山を抜けた後には技術などが学べる資料館。
佐渡小判やそれが出来るまでの工程の展示などに紛れて...。

見て!この金塊(本物)!!
重さ12.5kgの金塊が素手で持ってみることが出来る、なんとも下世話なコーナー?!片手では持てません...。

d0143739_14218.jpg
中庭にあるカフェにて、金山名物 純金ソフトクリーム!
ソフトクリームに、煌びやかな金粉がトッピング!「濃厚でおいしい」と謳うも、金粉関係ないね...。そもそも金粉を食べる文化って日本以外にあるのかな?もちろん、美味しくいただきました♪

*******************
佐渡金山 中庭カフェ《佐渡金山》
●定休日:ー ●電話:0259-74-2389
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪



[PR]
d0143739_231057.jpg
ソウル中心部からちょっと郊外へ。
ソウルにもこんな場所がある。緑豊かな森が生い茂るこの門の先はどうなっているのか?小川のせせらぎまで聞こえてくる三清閣(サムチョンガク)。

d0143739_23272942.jpg
敷地内を歩けば、緑の香りが漂う。さっきまで都会の喧騒の中にいたのが嘘のように思えるくらい、心休まる静かな空間。見どころはなんと言っても、韓国の伝統家屋韓屋。

※三清閣とは:1972年「7.4南北共同宣言」発表当時、南北代表団の晩餐の場として作られた、由緒ある場所。それ以来、国賓の接待や政治的な会談の場所として使われてきましたが、2001年より一般に開放、2009年からは世宗文化会館に委託され、伝統文化施設として運営されています。これまでは閉鎖的なイメージだった三清閣ですが、現在は誰でも入場料無料で散策することができ、気軽に立ち寄れる場所として開放されています。

でも、興味がないとただの社だけど...。

*******************
三清閣(サムチョンガク)《城北洞》
●定休日:なし ●電話:02-765-3700
*******************


* * * * * *

d0143739_23443248.jpg
続いて、世界文化遺産にも登録されている宗廟(チョンミョ)。
李氏朝鮮時代の歴代王と王妃の位牌を祀った神宮は、やたら長い?!ただ長い!!李朝時代の建築物の中で最も整然とし、荘厳かつ神聖な場所。写真に写っているのは中央からの左半分。あと同じくらい右にズラッと長いのだ。

d0143739_0174413.jpg
宗廟(チョンミョ)に行く道すがら目にするこの通り。
地面の上にザラザラで平らな薄石が3筋。よく見てみると真ん中の道が左右の道よりも少し高くなっているのは、意味がある。1番高い真ん中の道を「神香路」、東側を「御路」、西側を「世子路」と言う。

中央の「神香路」は、神様の通り道。人間は、王様であっても通っては行けないので気を付けて!そんなこと書いた看板立ってるけど「これじゃ、神様が通られへんやんけっ!」って言わないで...。

*******************
宗廟(チョンミョ)《鍾路》
●定休日:火曜 ●電話:02-765-0195
*******************


* * * * * *

d0143739_0283346.jpg
歴史散策の後は、庶民の台所、南大門市場(ナンデムンシジャン)。ソウルで最も古い600年の歴史をもつ市場でランチなのだ。

d0143739_0322776.jpg
メインストリート入ってすぐに入った、カルグッス横丁。聞いたことはあったカルグッス(韓国風うどん)の横町があるなんて...。東大門市場の時のビビンバもそうだけど、韓国では専門店が軒を連ねてそこが横町になっちゃうんだね。

d0143739_0361912.jpg
カルグッスを食べたくなったけど、横町ではちょっと窮屈...。メインストリートで強烈なインパクトのお店を発見?!積まれているのは全て具材の入った、うどんが入るのを待っているだけの器々。

おばちゃんが笑顔で寸胴のうどんを掻き混ぜる店頭☆(゚∀゚)

d0143739_045108.jpg
雑多に作るが、そこがまた味かな。
混み具合・店構えなどから考えて、恐らくカルグッスの人気店だろう。コチュジャン、韓国海苔、油揚げ、ネギの具がバランスよく入っていて、スープは風味豊かなあっさり味。麺は、ソフトなコシのふわふわ食感。これが意外とスープとあってイケる。

なぜか備付けの小鉢には、ビビン麺?!こちらはコシのある麺で、甘辛のタレの濃い味。カルグッスとのバランスがいいと言えば、いいけど...。なぜ「麺」に「麺」を併せてきたのか?!

d0143739_123790.jpg
各テーブルにある壷キムチは、うれしいとり放題♪

*******************
南大門市場のカルグッス専門店《南大門》
●定休日:ー ●電話:ー
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


* * * * * *

d0143739_110130.jpg
カルグッス食べてそんなに時間たってないけど...。
やっぱり食べなきゃ♪ おやつでいただきます、はちみつ味のホットク。どこか懐かしいホッとする味。お店によってタイプがかなり異なるのでホットク食べ比べも楽しそう。

ま、これはソウルビギナーにはまだ早いか☆(゚∀゚)


[PR]
d0143739_10194198.jpg
北村韓屋村(プッチョンハフェマウル)は、ソウルの中では韓国の伝統家屋が多く残っていて情緒あふれる場所。韓国ドラマでも結構使われていて、先端にある「中央高等学校」は「冬のソナタ」のロケ地としても有名。校門前になぜかのプロマイドショップが...。

d0143739_10554774.jpg
そう言えば、朝食がまだだった!
ハングルよく分からないけど、とりあえずお店に飛び込め!!

d0143739_10583925.jpg
めし食うのか?!
そんなことを言われたのかな?出てきたのは韓流朝食セット?

大きなアサリとワカメのスープが印象的。小魚の佃煮に青唐のキムチに青菜のキムチと質素だけど朝はこれぐらいが丁度いい。両面焼いてくれている目玉焼きもうれしい。

*******************
北村韓屋村沿いの店《北村》
●定休日:ー ●電話:ー
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


* * * * * *

d0143739_1184844.jpg
ソウルの文化の街、仁寺洞( インサドン)。
仁寺洞キルという通り沿いに多数の骨董品店・古美術店・陶磁器店・ギャラリー・喫茶店・伝統 工芸品店・土産物店などが並ぶ。

d0143739_11123186.jpg
路地好きにはたまらない雰囲気?!
いくらメインストリートを整備しても路地は異国情緒たっぷり♪

d0143739_11174094.jpg
ちょっと一休みで、かき氷(スピン)。
韓国のかき氷はシロップとともに彩り鮮やかな果物(トマトも果物?)や餅、アイスクリームなどゴージャスなのが特徴。

あくまでも具がメインで、氷は冷たく味わうためのアイテム?かき氷と言うよりは、パフェ感覚で美味しくいただけます♪

*******************
仁寺洞の裏路地の店《仁寺洞》
●定休日:ー ●電話:ー
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


* * * * * *

d0143739_11291423.jpg
再び戻った東大門エリア。
昔ながらの衣の香り漂う問屋市場は、相変わらずの賑わい。

d0143739_4388100.jpg
もちろん鮮魚などの食品もご覧の通り。

d0143739_4483111.jpg
なによりお気に入りは、このエネルギッシュな韓国B級グルメのお店が軒を連ねる広蔵市場(クァンジャンシジャン)内の屋台!通りすがろうものならまたまた、おばちゃんが大声で呼び込み...。韓国の女性はとってもよく働くのだ。

d0143739_458152.jpg
店先に並ぶなにやら生野菜のような、キムチのような...。
どこの屋台も内容は同じだけど、若干、野菜やナムルの種類が違うのでお好みのものをしっかり吟味。

d0143739_524779.jpg
野菜は入れ放題!ヘルシーで美味しい野菜ビビンバでランチ。
安くて美味しいし、韓国語が話せなくてもメニューは1つしかないから座れば、数分後には野菜ビビンバが登場。

おばちゃんが器にドカドカと野菜を盛って出来上がり。韓流に反してまぜるのを好まないのでいただきます!シャキシャキ野菜とキムチが相まって、生野菜特有の苦みなども気にならず美味しい。

超穴場のリーズナブルでウマいビビンバ、見つけた!

*******************
広蔵市場のビビンバ店《東大門》
●定休日:ー ●電話:ー
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪

d0143739_527628.jpg
ソウル市民の憩いの場 清渓川(チョンゲチョン)で一休み。
[PR]