<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0143739_017269.jpg
d0143739_0185896.jpg
4th KMK。

LES CAPRICIEUX(木管五重奏)
木管五重奏曲 第1番(ジャン・フランセ)
  1.アンダンテ・トランクィロ
    2.プレスト
      3.主題と変奏
        4.フランス行進曲のテンポで


およそ半年間、こつこつと愛情を注いできたフランセの初披露です。

ぼくには“超”がつくほどの難曲。正直、何度も他のファゴット吹きの方に交代してもらおうかと思ったことか…。

聴いている分にはコミカルで楽しいけれど、演奏するのは難しい。何せ次の音が予測できない程広い音域を複雑に絡み合わせる。取り難いリズムなのに聴いていると調子良く進んでいるように聴こえる。

本番ではいろいろ事故があって、満足のいくことが出来たかと言うと、全然そうではなくて…。本番後、みんなといると笑顔でいられたけど独りになると底なしに沈んでいくのです、気持ちが。

一度解散して、夜に再び集合。初めての5人揃ってのお食事(打ち上げ)。

あんなに沈んでたのに、みんなに会うと救われます。ヤケ酒のつもりが、いつしかLCデビューの祝杯!演奏も思っている(ほど)悪くはないらしく、評判は上々だそうな。またまたABC☆のせいでエキサイティングな人生を過ごしました。反省はいろいろあるけれど、それを帳消しにする“楽しさ”をこの人たちは持っているのです。

これからも、ヨロシクおねがいします。

d0143739_131552.jpg
d0143739_132874.jpg
d0143739_1155456.jpg
d0143739_116688.jpg
いつもより多めに、お酒を飲みました〜♪♪♪♪♪(゚∀゚)

********************
CHIN GOO《新宿2丁目》
●定休日:なし ●電話:03-5919-4114
********************

[PR]
d0143739_1325847.jpg
古巣のA楽団の演奏会に。ココで“木管五重奏”を組んでたABC☆とRちゃんと。

ずっと通ってた道程。よくも悪くもノスタルジー?!この3人で聴きに行くのもなんだかヘンテコだね…。ずっとやりたかったオッフェンバックの《パリの喜び》がプログラムに!あぁ、無情。

去年も聴きに来たけど、相変わらずいい音してる。時たまハッとさせられることもあります。所属していた頃は、あまり話さなかった人とも懐かしついでにお話ししちゃいます。これまたヘンテコだね〜♪(゚∀゚)

d0143739_13673.jpg
d0143739_1361840.jpg
終演後は、会場付近でドルチェの時間です。
Rちゃんはお食事、ぼくとABC☆はドルチェの3点盛りを分け分けです。ガトーショコラ、スフレ、パンプキンプリンとおまけのバニラジェラート。

幸せを噛みしめ、再びノスタルジー気分。いいねぇ〜。

********************
RISTORANTE il Piatto《中野》
●定休日:無休 ●電話:03-5340-2188
********************

ドルチェの後の、Dolce
3人でひょっこり、こんにちは。ぼくはリードの調整の用事があったのだけど、その間2人は各楽器の試奏大会に。個室まで貸切ってアレやコレやで30分…。

良い楽器見つかったかな?贅沢で楽しい時間なのだ。

********************
ドルチェ楽器 管楽器アヴェニュー東京《新宿》
●定休日:木曜 ●電話:03-5909-1771
********************

d0143739_1451753.jpg
もうすぐ実家に帰っちゃうRちゃんだけど、またみんな揃って吹きたいなぁ…。

[PR]
d0143739_0513323.jpg
よってらっしゃい、こっちへおいで。

そんな風に誘うは夜のネオン。細い路地に入ったはいいが、さてどうしよう?MWOの練習のあと、Aくんに連れてってもらった隠れた名店のかほり。

1Fのカウンターを横目に急な階段を1歩2歩。本当に急だから気をつけて!異国なかほり漂い、ここは何か起こりそう…。おいしい時間を楽団仲間と共有するのが、ぼくのささやかな楽しみです。

K●shin●姉妹風の名物お母さんのオススメ料理が並ぶ。人気のある料理からとんとんと。随所に使用された、にんにく、とうがらし、ごま油が食欲をそそります。美容と健康にいいものがいっぱいはいっているのが助かるわぁ〜。食べても食べても、まだ入るかな?

d0143739_0551383.jpg
d0143739_0574246.jpg
d0143739_111033.jpg
シメは韓国料理の美味しさがラーメンと出会ったとされる韓国ラーメン
中華麺・韓国太麺・韓国細麺の3種類から選べ、「辛い」と一言でいっても、様々な香辛料を熟成させた深みのある辛さは、一度食べたらクセになりそうかも。

ぼく好みは“うどん”のようにぶっとい韓国太麺は食べごたえ満点。唐辛子が適度に胃を刺激して食の細いぼくでもたくさん食べれます。もちろん、辛くない白湯系のスープもあるのだ。

コリヤ〜うまい!ごちそうさまでした♪

********************
韓韓麺《北千住》
●定休日:— ●電話:03-3870-7826
********************

[PR]
d0143739_1165775.jpg
CLのTakさんの車内で聴いた、ウェスト・サイド物語。

生まれて初めて買ったCDがコレなのです。バーンスタインとか、ニューヨーク・フィルとか知る前に、そもそもこの映画さえ見たこともないのに。その独特なテンポ感とバーンスタイン節に心がときめく中1のぼくでした。

サントラだけを聴いてもゾックゾクします。子供のころ聴いても、大人になって聴いても、その時のままの気持ちで好きでいられる不朽の名作ですね。

なぜだか不良の“チノ”が好きです。

* * * * * * * * * * * * *

ABC☆と一緒に韓流です〜♪

美味しく、リーズナブルで好きなお店って紹介されたときは閉まってたんだけど今日は開いてる!ここは美味しいだけじゃなく【栄養・美容・健康】にも気を配ってくれるとっても嬉しいお店。

店内に流れる韓流のミュージックアワーに、韓国人のお客さんのおしゃべり。ちょっと韓国旅行ないい旅気分です。(行ったことないけどね…。)いつものぼくららしい会話もおりまぜつつ、ごちそうさまでした♪

d0143739_211832.jpg
d0143739_264039.jpg
********************
韓国料理店 伽耶味《幡ヶ谷》
●定休日:— ●電話:03-5358-4428
********************

[PR]
おいっちにー、おいちっにー♪

LCのホール練習で期待と緊張が足並揃わず立ったまま最寄り駅通過…。

半年に1度は立ってきたステージなのに、この日はどこか違う感じ。いつもの練習スタジオとは勝手が違う?みんながみんなじゃないみたい。軸になるものが見え隠れする、そんな不安なこの時、あの曲。不安と落胆がきれいに足並揃いました。

ホールの天井は高いなぁ。数十メートル先の反響板、前面に広がるおよそ800の客席、ステージの広い間口、全てが別世界。慣れていたと思っていたことが大誤算…。

まいったなぁ、信じたくないけど自分を信じるしかない…か?(゚∀゚)

* * * * * * * * * * * * *

そんな悩みを抱えながらも、休日のハンタイのサンセイ。

BSQのぴょんちゃんにお供してもらってスンドゥブ初体験。韓国の絹ごし豆腐、食欲をそそるピリ辛スープ、そしてリーズナブルなお値段。美味しく、ボリューム満点なのにヘルシーにいただけるのも助かります。

後半に、炊き立ての石釜ご飯を出してくれるのが、ここの特徴。炊き立てのおいしいご飯が食べられるのはもちろん、その石釜のおこげをスープにしてヤッター!サイドディッシュも充実で、多種多様なスンドゥブが楽しめます。

ごちそうさまでした♪

d0143739_1494154.jpg
d0143739_1485945.jpg
********************
BCD トーフハウス《新大久保》
●定休日:無休 ●電話:03-5292-6086
********************

[PR]
いつも、あなたとばかりはいられない。

他にだって、やらないといけない事もたくさんあるんだし…。貴男に触れていると何だか壊れた夢と大きな棘を抱いているような気がするのです。

それが、またいいのでしょうか?いつも離さず持っているのは《Quintette》。

d0143739_0482773.jpg
d0143739_0483685.jpg
ねぇ、フランセ、あなたは誰ですか?

「こんなふざけた作曲家の曲。真面目にやったらおわりだよね。」目からウロコのレッスンでの先生のコメント。ぼくは彼の手の平の中で転がされていただけ…?技術的にも音楽的にも超難解なこの楽曲をあたかも滑稽に演奏することがそもそも大きな棘なのか。

LCは常に音楽と直に触合えることが出来るステキなところです。ぼくの気付かないところでいいから滑稽になりますように…。
※LC:Les Capricieux(自身の所属する木管五重奏団)

d0143739_1272075.jpg
d0143739_1302452.jpg
頑張っているなら、自分へのご褒美は美味しいもの。

遠くを見なくても、こんなに近くに誇れるところがありました。キラキラと彩り鮮やかなネタに、上品な器。お寿司の美意識が隅々に生きています。そこに座ってるだけで最高のおもてなしをされているよう。

地元の人も足しげく通う自慢のお寿司屋さんです。ごちそうさまでした♪

********************
下高井戸 旭鮨総本店《下高井戸》
●定休日:無休 ●電話:03-3322-3331
********************

[PR]
d0143739_12433823.jpg
LA FOLLE JOURNEE au JAPON》のステージ、無事終了です♪

降って湧いたような憧れのステージに、生まれて初めて演奏するシューベルト。ステージはまさにレッドカーペット?!

演奏した曲は彼の交響曲(Siebente Symphonie)《グレイト》の中から1楽章&4楽章。オーケストラの醍醐味を感じるプログラムに心が躍ります。とってもシンプルな構成だけど、いたってファンキーな発想が演奏する側にも聴く側にもステキでエキサイティングな時間をもたらします。

名曲には名曲になる理由がちゃんとあるんですね〜♪

d0143739_12442912.jpg
d0143739_12444036.jpg
d0143739_12445072.jpg
360°お客さんに囲まれたグラーベン広場のステージ。「昨日は2000人のお客さん入ったんだって。」なんて脅されます…。ステージで音出しが出来ると言うことで向かってみれば、そのままライトがついて本番?!

ノリノリのTHPOメンバーの皆さんにチンッと、のっからせて頂きます。目で譜面が追えなくても勝手に指が追えてたり、木管群のブレンド感、4楽章の“ド”の連奏、気持ちがいいです。ステキな一日をありがとうございました♪

d0143739_1343893.jpg
MWOのSさん&かんろちゃんが遊びに来てくれていて、3人でカフェタイム。

店員さんのご推薦メニューでパフェラッチ!上品な甘さと、ちょっと固めのつぶつぶの果肉が印象的。この固さ、クセになるかも?ごちそうさまでした♪

********************
LA MER RICHE《有楽町》
●定休日:無休 ●電話:03-3211-3111
********************

[PR]

ゆるりゆらり、京都の旅!市バスに揺られてやってきたのは観光名所の銀閣寺。

だけどもなんだか様子がおかしい…?!「コレじゃないよね?」と、目の前に佇むシートのかけられた骨組みむき出しの建物…。

d0143739_2321019.jpg
d0143739_2321958.jpg
はい、コレが銀閣寺です。そのかけられた白いシートが疲れきった身体を優しく覆うタオルに見えます。残念な空気がそこら中に露呈され、見たことのないポーズの甘茶まみれの仏さま。

貼ってあるポスターの銀閣寺を見て、その気になったらポジティブ検定は上級者。

“哲学の道”を通って南禅寺へ。気にしてなかった、おそよ40分の道のり…。よーじやカフェで一休み、一休み。

d0143739_2413940.jpg
お座敷のカフェで目の前には日本庭園が凛と広がります。

「冷たいカプチーノも、お顔ありますか?」

夏日のこんな日には、やっぱり冷たい方がいいよね。涼しい顔した“よーじや”さんが来てくれました。エアコンもなにもつけてないのに、ココはとても涼しくてホッと憩いのひと時を楽しめます。ステキなカフェ、みーつけた♪

********************
よーじやカフェ 銀閣寺店《銀閣寺》
●定休日:火曜 ●電話:075-754-0017
********************

d0143739_2554560.jpg
d0143739_2561131.jpg
d0143739_256323.jpg
豊かな自然にとけ込んだこの道は、時間の流れがゆっくり。どれをとってもそれぞれが、京都らしく存在して、生きていて…。40分の道のり、哲学を少しでも感じられたのかな?銀閣寺が修復工事してたくらいで怒っちゃうなんてバカらしいわ♪

いっぱい歩いたからお腹も減るね。ココは南禅寺の入口附近のゆどうふの名店。おしゃべり好きの姐さんが気持ちよくアテンドです。失敗したっていいじゃないか、明るく楽しく気立てがいい。

田楽(5本)、胡麻豆腐、そして七輪にのった湯豆腐は真ん中のおダシと黒七味でいただきましょう。黒七味の山椒の香りが食欲をそそります。オムニバスの“とうふ”に、お腹も心もいっぱいです。こんなに美味しく食べて低カロリー?!助かるわ〜!ごちそうさまでした♪

d0143739_3133329.jpg
d0143739_3134167.jpg
********************
総本家ゆどうふ 奥丹《南禅寺》
●定休日:木曜 ●電話:075-771-8709
********************


○お知らせ

d0143739_303040.gifLA FOLLE JOURNEE au JAPON
熱狂の日 音楽祭2008


日時(本番予定):5月4日(日)20:00〜20:20
会場:東京国際フォーラム グラーベン広場特設ステージ
曲目:交響曲第9番 「グレイト」より(シューベルト)
※東京ハートフェルトフィルハーモニック管弦楽団の賛助出演でのせていただきます。

[PR]
社長から“都をどり”の茶券付特等観覧券をもらったので、京都へ。

d0143739_114854.jpg
d0143739_161083.jpg
d0143739_15841.jpg
石畳続く祇園は花見小路通りをてくてく祇園甲部歌舞練場へ向かいます。

ドレスコードなんてないよね?一抹の心配を余所に着物をお召しになったご夫人ばかり…。ゴリッとした佇まいの門をくぐり、係員のお姐さんに窘められつつもぼくは茶券付特等観覧券を持ってるんです!だからお茶の準備お願いします。

お抹茶を舞妓さんがたててくれるの♪

こんなに近くで見ることが出来て、オーディエンスのテンションも鰻上がり?!千秋楽で満席の今日は10分でこの時間を切り上げないといけないみたい…、せわしいティータイム?時間だよ、仕方がない。

隣りの姐さんが、食べ終わった団子皿を紙に包んでバックへ?!実は“都をどり”特製団子皿はお土産で貰えるんだって。これって常識?

d0143739_133407.jpg
d0143739_1332785.jpg
d0143739_1594527.jpg
きらびやかなに始まり、終始《雅》を感じます。

初めて見るものだし、その奥深さのこれっぽっちも理解できていないけど、観覧後はとっても元気になれた気がします。かわいいです〜♪(゚∀゚)

d0143739_2191996.jpg
気分が上々だと、お腹が空くのかな?

上品なおダシが効いただし巻きと、それが染入ったがんもに誘われて名物茶漬けです。京野菜の漬物も備わって「日本人に生まれてよかった〜♪」です。

このだし巻き、ツルツルのスベスベな舌触り?!そして、ふわふわ…。どうやって作ってるのか見当もつかないけど、幸せな気持ちにしてくれて、尚かつ日本人のナショナリズムを思い出させてくれるものでした。ごちそうさまでした♪

*******************
十二段家 花見小路店《祇園》
●定休日:木曜・第3水曜 ●電話:075-561-1655
*******************


○お知らせ

d0143739_303040.gifLA FOLLE JOURNEE au JAPON
熱狂の日 音楽祭2008


日時(本番予定):5月4日(日)20:00〜20:20
会場:東京国際フォーラム グラーベン広場特設ステージ
曲目:交響曲第9番 「グレイト」より(シューベルト)
※東京ハートフェルトフィルハーモニック管弦楽団の賛助出演でのせていただきます。

[PR]