d0143739_21005812.jpg
高校生の頃、「避暑地の猫」と言う小説を見つけて、軽井沢の爽やかな物語りかと思っていたら...。登場人物たちの哀愁のオンパレードにまったくついていけなかったような思い出がある。

これが人生で初めての軽井沢の印象。

d0143739_21080940.jpg
仕事では何度か訪れたことはあったけど、純粋に観光するのは初めて。空気も澄んでて、のんびりした雰囲気が旧軽井沢の奥の方。鏡のような湖や自由に入らせてくれる民家で車がなくてもレンタサイクルで不自由なく巡れるのが気持ちいい♪迷うことはあるけど...。

d0143739_21241273.jpg
軽井沢のメインストリート、軽井澤銀座商店街。
そして、こんな暑い日に絶対行きたかったのがこのコーヒ-ロースター。行列必至の名店だけど、この日はテイクアウトの行列をよそに店内にはすんなり入れちゃった☆(゚∀゚)

d0143739_21433122.jpg
絶品モカソフトをしばいて、旧軽井沢銀座を散策。
クリーミーでやさしい風味に遅れてモカの風合い。添えてるプルーンが爽やかに機能します。いつでも食べたい!!

*******************
ミカドコーヒー 軽井沢旧道店 《軽井沢》
●定休日:不定 ●電話:0267-42-2453
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


* * * * *

d0143739_22214928.jpg
軽井沢情報に疎くて...。こんな小粋なそば屋があるなんて?!しかも店員さんは、狙ったかのような美男美女揃い。

d0143739_21562020.jpg
数量限定の鴨ロースのたたき。山葵醤油をちょっとだけのせて、白髪ネギと小ネギをまいて食べる鴨ロースのたたき、もう最高♪新鮮な山盛り野菜をバルサミコ酢と絡めていただく、朝どれ地野菜のサラダ。珍しい野菜の歯ごたえとほんかな甘味、野菜そのものの味を堪能。

d0143739_22485497.jpg
〆はもちろん蕎麦。しっかりとしたコシの蕎麦に濃いめのつゆ、つるっといくらでも食べられるだろうな...。

*******************
軽井沢 川上庵 《軽井沢》
●定休日:なし ●電話:0267-42-0009
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


d0143739_22572226.jpg
思っていたい上に過ごしやすくて、その爽やかな雰囲気にやられてしまった...。日帰り観光だったけど、今度は中軽井沢・塩沢エリアにも足を伸ばしてみたいね。


[PR]
d0143739_1417244.jpg
田園地帯に1本の道、その先に連なる日本アルプスの峰々。
ふとした瞬間に絶景に出会えたのは、穂高近辺をレンタサイクルでのんびり走っていた時のこと。秋頃だと黄金色に輝く稲穂の波がまた一段と日本の原風景を引き立たせるのだろう。

d0143739_14271975.jpg
日本アルプス、安曇野の天然水が流れる川。

d0143739_14361164.jpg
なんでもないようなところが、どこをとっても画になる風景が広がります。水が澄めば、心も澄々。

d0143739_1445056.jpg
安曇野に広がる日本一のわさび園 大王わさび農場。雪解け水湧き出る豊かな豊水地帯に圧巻のわさび園が広がります。

平均13度という北アルプスの湧水が、毎日畑全体から湧き出し、豊かな自然を活かしたシンプルで透明なわさびは一級品。

d0143739_1451149.jpg
グルメだって、その名の通りとにかくわさびだらけ?!
限定の名物 わさび丼 は、あのドラマを見て以来気になっていた一品。広大なわさび園を一回り散策して、ちょうどお腹もいい具合に減ったところでいただきます。

丼には鰹節、きざみ海苔、ネギとシンプルな具材。

d0143739_1458810.jpg
そこに自らわさびをすってお好みの量と醤油で調整。
以前、某グルメ漫画で山岡さんがわさびは円をかくようにするって言ってたからそれに然う。すっている途中、目がしみても決してわさびを持っていた手で目を擦らないように!

採れたてすりたてのわさびは、鼻にツンとくる刺激はあれど、辛さは少なく爽やかな風味がすり抜けていく感覚。豪華具材がのった丼もいいけど、こんなにシンプルな丼もすごくいい。普段は引き立て役のわさびも主役となり脇役となり、この丼の舞台を静かにもり立ててくれます。ここに来ないと味わえない味。

d0143739_15225822.jpg
デザートに わさびソフトでしめましょう。
ソフトクリームだけに辛さは全くなく、まるでミントのような爽やかさを演出してくれます。

d0143739_15262199.jpg
お土産屋にもわさびがいっぱい!
原木以外にも、わさびを使ったお菓子や漬け物、まるでわさびのテーマパーク。一生分のわさびを見てしまったかも...。

*******************
大王わさび農場《穂高》
●定休日:なし ●電話:0263-82-2118
*******************


* * * * * *

d0143739_15333069.jpg
お腹もいっぱいになったところで、さぁ風をきって走りましょう!






[PR]
d0143739_2374499.jpg
現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城、松本城。
通りすがりの旅の途中、ふらっと訪れたるは長野県の中部に位置する松本市。雨男のぼくには珍しくお日柄もよく、ノスタルジー感じるかつての城下町を散策です。

d0143739_2355059.jpg
ひと際異彩を放つ木造校舎?!日本で最古の小学校 旧開智学校。
中央に八角塔が高くそびえ立っていたり、各窓に舶来のギヤマンなど文明開化の香る和風と洋風の入り混じったモダンなデザインについつい目を奪われてしまう。

d0143739_0165447.jpg
松本に来たからには、そば処へ立寄ろう。

d0143739_0193472.jpg
地元、北アルプスの玄蕎麦を毎日石臼で製粉し、中央にある最も旨いと言われている心拍の部分のみを使った贅沢な蕎麦。濃いめのダシは焼津の鰹節が決め手。穂高の山葵、松本のネギと長野県産が蕎麦を一層引立てる。

d0143739_0235887.jpg
瑞々しく白く上品で弾力があって、のどごしがいい。個人的にはもっと蕎麦の香りが強い方が好みなので、ちょっともの足りない感じが否めないがあまり出会うことのない食感とのどごしは体験すると面白い。

d0143739_028778.jpg
サイドメニューで、この時期ならではのふきのとうの天ぷら。春の訪れをいただきます!

*******************
もとき 開智店《松本》
●定休日:火曜 ●電話:0263-36-3410
*******************


* * * * * *

d0143739_1143293.jpg
松本城のすぐ近くにもう1つの名物。
とっても入りづらい雰囲気の佇まいのお店?!

d0143739_1201396.jpg
勇気を振り絞って巡り会える天然酵母の石焼おやき。釜の石の上でころころころがしながら焼いた表面がカリッと、中はしっとり野沢菜のお漬物。ボリューム満点、おやつにはちょっと多いかも...。

きちんと食事になる素朴な天然酵母の石焼おやきです。

*******************
鷹匠庵《松本》
●定休日:不定休 ●電話:0263-33-2057
*******************





[PR]
d0143739_23404437.jpg
ジュースと言うより「汁」な感じの逸品やまももドリンク飲んで一休み。大きな仕事が一段落ついたので平日にお休みもらって遠出してみたものの、最近流行の行き当りばったり旅?!目当てのバスが来るまで40分?!ここはゆっくり名物飲んで待つだけなのだ。

d0143739_004979.jpg
目があっただけでこんなに近くに来てくれる?!
伊豆半島最大の野性の王国 伊豆アニマルキングダムでいーっぱいの動物に出会うぞ!

d0143739_0104256.jpg
こんなに動物が近い!ウォーキングサファリの途中にある「キリンのえさやり」でキリンをこんなに間近で見ることが出来る。やっぱりキリンってデカい、デカ過ぎる...。

d0143739_0161389.jpg
サイにさわることの出来る「サイにさわりなサイ」。
普段絶対にさわることの出来ないサイ(ミナミシロサイ)にさわってゴツゴツした肌の質感と角の堅さ、耳の付け根の皮膚が重なり合う隙間の温かさなどが感じられる。別途100円かかるので値段以上のおさわりしてやったわ♪

d0143739_0385223.jpg
隣りでダイナミックな8歳のサイ(体重2.5t)の戯れ合い。

d0143739_0204310.jpg
ふれあいパークでアルマジロつかみ取り!
飼育員のおじさん曰く、人間に慣れているのでここのアルマジロは丸くならないのだそう。カチカチの背中だけどほのかに感じる体温の温かさ。カメの甲羅と違って、堅く変化した皮膚なのでtきちんと血液が流れているから堅く温かいんだって。

d0143739_0262216.jpg
持つのちょっとビビったけど手乗りハリネズミ。

d0143739_0283653.jpg
パーク内ではカピバラさんも走り回る。
この辺りの動物たちは人間慣れし過ぎてて油断していると足とか踏まれます...。彼らの足って色んな物踏んでいるので要注意。

d0143739_0411465.jpg
相手してくれるのを待っているマーラ(テンジクネズミ科)。

d0143739_0424371.jpg
ランチは、レストラン「ANIMAL KINGDOM」で店員さんに「野菜カレーですけどいいですか?」と言われつつサバンナカレーをいただきます。実はサファリカレー(カツカレー)と同じお値段。

d0143739_051434.jpg
このレストランの特徴はガラス張りなっていて食事しながらダイナミックな猛獣が見れるところ。このレストランも体験コースの1つなのです。ガラス越しのホワイトタイガーに興奮したかったけど、こっちに来ないだな...。

「アニマルキングダム」と言うには些か仰々しいような気はしますが他ではあまり見ない工夫やイベントがたくさん。かわいい動物・大きな動物たちをこねくり回せるアニマルテラピー的動物園でした。

*******************
伊豆アニマルキングダム《伊豆稲取》
●定休日:— ●電話:0557-95-3535
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪




[PR]
d0143739_1725672.jpg
しろパパ&ママから秋の味覚のプレゼント♪
段ボールを開けたら大きな玉が1、2、3...7コ?!花火の5号玉(14.2cm)かと思ってしまうような大きさ。その正体は、新潟県の梨と高知県の梨を交配させて誕生した新高梨(にいたかなし)。

d0143739_18263162.jpg
シャクリ、シャクリとしっかりした歯応えに、じゅわ〜と甘い果汁がとってもジューシー。フルーツ好きのカブヒロも辛抱たまらずそのままガブリッ!←すぐとめたけど...。

誰が呼んだか、梨の王様。7人の梨の王様にすっかり我が家も統治(魅了)されてしまったよう...。

* * * * * *

d0143739_18492083.jpg
岐阜のレトロな雰囲気が残る商店街も夕方過ぎれば、ちょっと寂しい感じ。そんな中、ポッと灯る場所ひとつ。

d0143739_18561643.jpg
こちらも店じまい直前?!のぞいてみたら、こちらはたいやきのお店!手間のかかる一本焼きで1つ1つ丁寧に焼き上げるタイプの、なんかこだわりを感じるヤツやぁ♪

d0143739_19504126.jpg
行った時間が遅かったので焼きはなくて揚げで?!
作り置きしていたものをカリッと揚げて出来上がり!薄皮のたいやきは、少しこぶりで幅も薄くサクサクとしたクリスピーな食感。

d0143739_19561996.jpg
期間限定の金時鯛焼きで、中には金時いもと福丸小豆。あんこと甘い金時いもが口の中いっぱいに広がり、揚げた甘い生地が優しく包んでくれる今まで食べたことのないけど、どこか懐かしい変わり種たいやき、大変おいしゅうございました!

d0143739_20246.jpg
ちなみに揚げる油にもこだわっています。
精選された原料を焙煎せずに生のまま圧搾した純粋な太白ごま油。ほぼ透明でごま油独特の香りはなく、旨みが凝縮された奥深い風味が素材の持ち味を引き出す、スイーツにも使える優れもの。

d0143739_207180.jpg
お話し好きの気さくな店主のお人柄にも心がホッコリ♪
寒さも厳しくなるこれからの季節、お腹も心も温かくしてくれるオアシスのようなお店、丸いものには角がない福丸な体験でした。

ちなみに30個買うと3個もらえます。
だったら10個買って1個もらえたらいいのになぁ...。


*******************
薄皮たいやき 福丸《岐阜》
●定休日:不定休 ●電話:080-6070-1388
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪



[PR]
d0143739_2358117.jpg
なにやら鰻食べに三島へ行くようなお話が…。

お金より、時間より、心意気♪
そんなものが先行になりかけた珍道中も最終日。さすがに三島じゃなくて名古屋の裏通り西銀座商店街をくねくねと。ゲートくぐって階段上がって鰻勝さん。

d0143739_0505384.jpg
店構えは立派な日本料理店な感じなのにガラッと扉を開けると目の前に続くカウンターと左手にお座敷でくつろげるの。

早速、オーダーはひつまぶしGingerちゃんは鰻重。

d0143739_0573561.jpg
オープン・ザ・フタ〜!!
おひつに詰まった夢が一気に溢れ出る瞬間が快感♪

注文してから鰻を開くので、ちょっと時間はかかるけどその分楽しみも2割盛り!味もしっかり美味しいのだ。あたり前田のクラッカーで3つの食べ方、そのまま、薬味を混ぜて、お茶漬け♪

d0143739_163518.jpg
そんなありがたい鰻さんをクローズ・アップ!

”お写真上手に撮れました?”

なにげない女将さん言葉が嬉しい。気立てがいいっていいよね。きっと鰻も美味しいからだけど、人情にも美味しさを感じてみんなここを訪れるのかな。嗚呼、名古屋に住みたいなぁ〜♪

*******************
鰻勝《名古屋》
●定休日:— ●電話:052-451-5300
*******************

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
ごちそうさまでした♪

[PR]
d0143739_21385536.jpg
なんだかんだ、どうしたこうした♪
そんなこんなで、カブヒロ越えた嗅覚のGingerちゃんについて行ったらダイシン!なにか起きそうな予感…。

d0143739_2220164.jpg
鉄板で出てきたのはポークジンジャー!
アツアツそのままで味わえるステキなアイテムやね。上に乗っかってるとろとろタマゴがますます食欲をソソルのだ。

d0143739_2241353.jpg
次に出てきたのは、ナ、ナ、ナポリタン?!
これもやっぱり鉄板で登場。タマゴの黄色い絨毯の上にナポリタン&赤ウインナー。仕上げは刻みのりをパラパラと。

こんな感覚、はじめて!はじめはナポリタンを、次はタマゴと絡めてマイルドなナポリタンを味わうのがいいんだろうなぁ〜♪にゃんこさん曰く、名古屋は最初っからナポリタンはオン・ザ・エッグ!!

*******************
キッチン ダイシン《今池》
●定休日:月曜 ●電話:052-731-0220
*******************

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
ごっそさ〜ん♪

d0143739_230098.jpg
名古屋メシで元気になったらココ。
今池に聳える白い巨塔。はじめて体験するのは名古屋の国技、パチンコなのだ。結局、怖じ気づいてGingerちゃんなしでは何も出来なかったけど…。

パチンコする人が、カッコ良く見えた日でした。

d0143739_2385116.jpg
なんだかこの人も、名古屋では3割増でカッコ良く見えるのは…。
気のせい?

[PR]
d0143739_1122678.jpg
伊勢の名物ってたくさんあるんだぁ。

d0143739_2303987.jpg
伊勢と言えば、名物赤福

赤福は赤福でも、赤福氷?!どんなんかな?あんなのかな?それとも、こんなのかな?

d0143739_09477.jpg
こんなんやぁ〜!
これじゃ、宇治氷やんか〜!!

d0143739_0441285.jpg
あった〜!!
このかき氷、種がある♪もちろん、種の正体は赤福なのだ。これじゃ宇治金時なんじゃない?って言われるかもしれないけど、やっぱ赤福だから「やっと出た」感が違うのだ。

「こんなところに赤福が?!」的な…☆(゚∀゚)

*******************
赤福 本店《伊勢内宮前》
●定休日:なし ●電話:0596-22-7000
*******************

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
ごっそさ〜ん♪


d0143739_1232799.jpg
ご飯を食べにきただけじゃないんだ。

やっぱ日本人としてお参りしないとね。小学校の修学旅行以来の伊勢やけど、この空気感やっぱりシャンッてなっちゃうね、お伊勢さん。

d0143739_1365280.jpg
神々しいなぁ☆(゚∀゚)
その光に導かれるように進む参拝者なのです。

d0143739_1445847.jpg
矮鶏だって歩みます。
日本人のこころのふるさとが変わることなくここにありました。

*******************
伊勢神宮《伊勢市》
●定休日:— ●電話:—
*******************

[PR]
d0143739_2283598.jpg
ちょっと早めに起きて出かけよう。
伊勢内宮前、おかげ横町でおしゃれ日和、Gingerちゃん&にゃんこさんと。

d0143739_2451878.jpg
豚捨?!これってなんて読むんやろ?
ぶ・た・す・て!そのまんまやないかぁ☆(゚∀゚)

豚、捨てちゃダメでしょ?Gingerちゃんここ入っていいんやろか?一抹の不安を抱えながら入るもなんだか嬉しそうなGingerちゃん。

d0143739_2522318.jpg
それは、これがあるから♪

豚捨の牛丼(¥1000)!!
厳選された上質の伊勢肉が牛丼になる。甘めの濃いタレと玉葱が絶妙に絡み、脂まで美味しくってついついペロリと完食してしまう。

なるほど、豚の出番がないから豚捨なのか。
でも捨てるのはやり過ぎかもしれないけど、Gingerちゃんが喜んでるから、これでいいのだ。

*******************
おかげ横丁豚捨《伊勢内宮前》
●定休日:なし ●電話:0596-23-8803
*******************

d0143739_392634.jpg
伊勢の名物ってたくさんあるんだぁ。

d0143739_35445.jpg
陽当たり良好で、ササッとすするのも粋だがねぇ。
デザート代わりに伊勢うどん?!

d0143739_3144714.jpg
軟らかく煮た極太の緬に、黒く濃厚なつゆと万能ネギを絡めていただきます!徹底的にコシをなくした柔らか緬は、香川のうどんとは対局にある感じ。

うどんの概念がかわるかも。さっき牛丼食べたのにチュルッと入ってくるライトなうどんは食べたくなるなる系の伊勢名物。

*******************
ふくすけ《伊勢内宮前》
●定休日:なし ●電話:0596-23-8007
*******************

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
ごっそさ〜ん♪

d0143739_3242123.jpg
犬の代参
犬の代参とは、自分で参れない人が代わりに犬を使いに出すこと。

d0143739_33326100.jpg犬の首に、往復の費用と初拝料と住所氏名なども入れて近所の人たちに連れて行ってもらうこと。

ま、カブヒロにはちょっと任せられないなぁ・・・。




[PR]
d0143739_11467.jpg
名古屋に入ってまず一食目。
これぞ名古屋の洗礼、八丁味噌は大好きなのだ♪

やっぱり体の中からしっかり名古屋魂を注入!名店みそかつ「矢場とん」のオサレなレストランわらじや

d0143739_1343794.jpg
矢場とんの「とん」は、豚の「とん」♪
オサレなレストランのオサレなしょうが焼きは、Gingerちゃん&にゃんこさんと。今宵は豚を食べたらダンスにしよう♪

d0143739_14386.jpg
なんだか呼ばれるように…。

今まで東京や大阪では「味噌かつ」って最後まで食べきったことないけど、ここのは別物?!あっさりしていて食べやすい。軽い口当たりに深夜にも関わらずサクサクいけちゃうの。

d0143739_1491639.jpg
矢場とん本店レベルだと、どうしても作りおきしてなきゃオーダーに間に合わないみたいだけど、ここのはオーダー受けてから最初っから作るんだって。

d0143739_152179.jpgちょっとお値段は張るけど、きちんとした作り立てが味わえるのは嬉しいです。

******************
わらじや《矢場町》
●定休日:なし ●電話:052-241-2409
******************


にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
ごっそさ〜ん♪

[PR]