南インドの甘辛い夏

d0143739_127199.jpg
現在放送中のFOODIES TV「タオさんとつなぐ 世界のウチごはん」で出演いただいているウシャ先生の料理レッスンに参加しました。ウシャ先生はインド南部のケララ出身のムンバイ(ボンベイ)育ちで旦那さんが転勤で日本に来た時に一緒に来日した、とてもキュートな先生。

インターナショナルスクールの英語教師をしながら、各地でインドのヘルシーな家庭料理のクッキングクラス・ワークショップに参加。スパイスの使い方、ヘルシーな料理の作り方だけでなく、地元の南インドケララの文化や習慣を紹介しています。

d0143739_129585.jpg
また、ケララはアラビア海沿いにあるヤシの木が生い茂る深い緑に囲まれた地域。水郷地帯が広がり、豊富なフルーツや新鮮なシーフードにあふれているそう。

このレッスンには、会社の先輩MさんとMWOのKさん(A.Sax)と一緒に参加しましたが、まぁ普段一緒に料理をすることもないのでちょっと緊張...。そんな中、素敵な笑顔で迎えてくれるウシャ先生に和まされます。



★世界のウチの常識:ウシャさんちの場合


d0143739_1215552.jpg
挨拶もそこそこに、野菜切ってなにやら混ぜるだけでサクッと出来たベルプーリ。パフ状のお米やヒョコ豆の粉で作られたベビースターみたいなサクサクのシリアルみたいなものがベースになっているスナック。茹でたじゃがいもや紫玉ねぎ、そこに新鮮なコリアンダー、チャツネを好きなようにかけて、混ぜながら食べます。クリスピー感が楽しいスパイシーなおやつ♪

d0143739_1216994.jpg
ケララのスパイスを使って作る卵が丸ごと入った見た目にも可愛らしいケララ風エッグカレー。スパイスの辛味と卵のまろやかさがマッチした病みつきになる味。基本的に切って煮込むだけなので簡単に出来てしまうのだ!

d0143739_1216233.jpg
カレーをつけて食べるチャパティー。ここでMWOのKさん本領発揮?!誰よりも(先生よりも)丸く綺麗で美味しそうなチャパティを作ってしまう、本当にチャパティ作るの初めてなのかしら?

d0143739_12163567.jpg
チャパティを保温しておくおひつみたいなものがあるんですね。

d0143739_12192771.jpg
続いて、にんじんのソラン。ケララの代表料理。バナナの葉をお皿にして出されるSadhyaというベジタリアンプレートには必ず含まれます。インゲンやキャベツ、グリーントマトなど、いろいろな野菜でバージョンもあるそうです。クラックしたマスタードシードとカレーリーフが効いて、にんじんもまるごと食べれる足が速くなりそうな一品。

d0143739_12194316.jpg
デザートは、タピオカプディング。普段はお米を使うそうですが、今回はムニムニ感が楽しいタピオカで。ウシャ先生は、砂糖ひかえめでハーブも入れるので、甘いと言うよりはサッパリしたデザートに仕上げてくれました。

d0143739_12205063.jpg
スパイスやハーブを巧みに使うけど簡単に出来てしまう、でもちょっとテクニックが必要な、ウシャ先生の南インド:甘辛い夏コース。ケララの家庭料理の美味しさに心動かされます。

そりゃ、美味しくなけりゃお家で食べ続けられないものね。
次はどこの国の料理を教えてもらおうかしら☆(゚∀゚)



[PR]