急かされ能登、行ったり来たり

d0143739_0271421.jpg
道の駅から小高い丘をぜぃぜぃ言わせながら登れば濃紺に白いしぶき模様のだだっ広い日本海。いきなりですが、能登半島最北端から始めました。

d0143739_0275287.jpg
海から昇る朝日と海に沈む夕陽が同じ場所でみれると言う禄剛埼灯台。能登半島の最先端を象徴する無人の白亜の灯台。形がランプのようで日本のデザインっぽくないと思っていたら、どうやらイギリス人の設計だとか。

d0143739_04642100.jpg
花より団子とは言うものの...能登に来たなら名物を食さねば?!
やっぱり日本海の海の幸は格別。なんと言っても能登丼なる、能登の本気の海鮮丼は丼に収まらない窮屈かつ美味しい逸品。

ぶりんぶりんの弾力で新鮮な魚介ならではの奥からじんわり出てくる甘み。海の幸の「幸」の意味がよく分かるご当地丼でした。

*******************
今新《曽々木》
●定休日:不定 ●電話:0768-32-0314
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


* * * * * *

d0143739_191237.jpg
能登に来たからには、輪島の朝市に行かなければ!
朝8時には大体の露店が出揃うという情報を基にわくわく散策。鮮魚や干物、地元ならではの海産物を取り扱うお店が軒を連ねる。おばちゃんたちの呼び込みの声が賑やか、買い物だけでなくそう言ったふれ合いも楽しめる名物ストリートなのだ。

d0143739_1164858.jpg
干物もこんなに揃ってると圧巻。
みんな身の部分を向けているから札がないとなにがなんやら...。

d0143739_1184481.jpg
高級魚ののどぐろも干物になる輪島の朝市?!
パーキングエリアの売店では1匹¥1600くらいしてたのに、ここでは4匹で¥1000と太っ腹!思わず買ったら更に2匹もサービスしてもらえたのは、あまり大きな声では言えない...☆(゚∀゚)

d0143739_1234393.jpg
能登半島で古くからいかや魚を原料とした魚醤油 いしる。
地元では刺身や煮物の隠し味、郷土料理、伝統料理に今も広く使われている輪島のナンプラー。とりあえず勧められるがままに買ってはみたものの...。そうだ、お土産にしよう♪



[PR]
by ym-pi | 2014-12-03 01:29 | 新潟/北陸/東北 | Comments(0)