ウズベクの風:未知なる大陸へ

d0143739_21311073.jpg
とある仕事で海外に行かせてもらいます。
ちょっと一週間ばかりの旅ですが、初めて行く場所はどこであっても期待感と不安が付きまとう。しかし、今回ばかりは不安の方がちょっと多め・・・。成田からウズベキスタンへ行ってきます。

d0143739_2157373.jpg
テイク・オフからすぐに軽食のピーナッツ。ウズベキスタン国営航空のちょっと塩分多めのしっかりしたおつまみピーナッツ。

d0143739_2221170.jpg
雲がだんだん無くなり、山を越えたら広がる砂漠。初めて見るずーっと、ずーっと広がり続ける砂漠に感動。

d0143739_2275418.jpg
ここの通貨は、Cym(スム)。
1万円でご覧の30万スム!この札束、普通の財布にはまず入らないので考えて両替しないと大変なことになります。また、現地では日本円からの両替は不可。日本での両替も不可なので、まずは日本で米ドルに両替して、現地でスムに替えましょう。

d0143739_22303158.jpg
首都タシケントに夕方当到着。
この日は仕事なしでいきなり夕食タイム。楽しみにしていたウズベキスタン料理♪ どんなのが出てくるかな?!

d0143739_22375945.jpg
d0143739_22411219.jpg
ウズベキスタンでは、「どこ」でも「いつ」でも「どんな時」でも出てくるこのパンが有名だそう。例外なく人が集まるところにはパンがあるのだ。日本のパンと違い、固めでしっかりした口当たりで独特の風味が強く、水分が少なめなので水分の多い料理といっしょに頂くのがベストでしょう。

d0143739_230538.jpg
前菜で野菜としてお米も出てきました。

d0143739_2302856.jpg
d0143739_2303416.jpg
流しのバンドも楽しいひと時を演出してくれます。

d0143739_2333086.jpg
ショールヴァという野菜と肉の具だくさんスープ。野菜のエキスたっぷりでそのままでも美味しいけど、サワークリームを入れればマイルドになってまた違った一面を味わうことが出来ます。

d0143739_236851.jpg
正直、前菜からスープまででそれなりに満腹感を感じますがまだメインがあったのだ・・・。ウズベキスタンと言えば、羊肉!!
手前からマトン、チキン、ビーフと並ぶシャシリクは、ウズベキスタンらしい料理の一つです。スパイスの味付けで気になる匂いも消され、付け合わせの玉ねぎのスライスといっしょだとガッツリ肉を感じながら、後味スッキリで美味しく頂けます。とりあえず、まだ何もしていないですが舌で中央アジアを感じています。

*******************
Sim Sim Cafe《タシケント》
●定休日:— ●電話:—
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪




[PR]
by ym-pi | 2014-09-06 23:24 | ☆中央アジア | Comments(0)