広電ぶらぶら

d0143739_13273233.jpg
もうすっかり乗り慣れた路面電車(広島電鉄)で市内を巡る。
市内一律150円で便利に巡れて、渋滞なしはありがたい!原爆による被害や、路面電車排斥の流れを乗り越え、広島市民の足を支えています。

d0143739_13354863.jpg
広島滞在最後に訪れたのは、世界遺産原爆ドーム。
2度目の訪問だけど相変わらずの存在感…。元は産業奨励館と言った内務省中国四国土木出張所や広島県地方木材株式会社・日本木材株式会社広島支社・広島船舶木材株式会社などの入った建物。

d0143739_1484762.jpg
爆心地から北西約160メートルの至近距離で被爆し、爆風と熱線を浴びて大破。天井から火を吹いて全焼しましたが、爆風が上方からほとんど垂直に働いたため、中心部は奇跡的に倒壊を免れた。

d0143739_14111392.jpg
ここだけずっと時間が止まっているような感じ。
広島市の決議で保存されることが決まって幾数年。ただ、その保存期間は100年間。それを越えたら、またどうするか話し合われるようです。元が廃墟なので保存には、安全も確保しないといけないし、それにはそれなりの調査・補強などの経費がかかる。

残す方がいいのか?壊す方がいいのか?じっくり考えるていかないといけない。どちらにもメリット、デメリットはあるかもしれないが、ぼくは平和・反戦・非核のシンボルとして残して欲しいけど…。

d0143739_14262373.jpg
8月6日の平和記念日で、テレビでよく見る平和記念公園。原爆死没者慰霊碑には、「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」という碑文がきざまれていて、中央の石室には、国内外を問わず、亡くなった原爆被爆者の名前を記帳した原爆死没者名簿が納められています。

いつか、8月6日の平和記念式典に参加してみたい。

d0143739_1585131.jpg
平和記念資料館は、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料を収集・展示するとともに、広島の被爆前後の歩みや核時代の状況などについて紹介しています。世界で初めて原子爆弾による被害を受けた、広島ならではの生々しい体験録や遺品の数々は無言で戦争・核兵器の悲惨さを今に伝えます。

*******************
平和記念資料館《原爆ドーム前》
●定休日:年末年始 ●電話:082-241-4004
*******************


* * * * * *

d0143739_15254169.jpg
朝から随分と重い雰囲気になりつつも、お腹は減るもの。やっぱり広島といえばお好み焼き!知らなかったけど、ここにはお好み村と言う名店が軒を連ねる村があるんだって?ビルの端から端までお店がギッシリ!!

カープファンで盛り上がるカープ一色のお店で、肉玉を。カリッと仕上げ、油っこくなく、一度食べたら忘れられない味。ソースは、東丸を使用!!

*******************
カープ(お好み村) 《八丁堀》
●定休日:火曜 ●電話:082-247-0877
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪

* * * * * *

なんと?!お好み村の隣のビルには、お好み共和国という国家が?!
広島のお好み焼きならではの「楽しさ」に、こだわったお店たちの国家だそうです。そして一番の特徴は、お好み村は東丸のソースを使用していたのに対し、ここは地元オタフクソースを使用している。

d0143739_15482127.jpg
共和国に入って正面にあったお店に自然と入ってねぎ焼き。
オーソドックスなねぎ盛りスタイルでシャキシャキねぎと甘味の強いオタフクソースでシンプルに美味しい。女将さんの世間話を流しながら頂ける、親戚の家のようなアットホームなお店です♪

*******************
姉妹(お好み共和国) 《八丁堀》
●定休日:― ●電話:082-249-9253
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪



[PR]
by ym-pi | 2013-11-20 15:58 | 大阪/関西/中国 | Comments(0)