カブのやまこざき

d0143739_112312.jpg
島で海を堪能した後は、山だ!
新潟県南西部、北信五岳の中の最高峰、日本百名山でもある妙高山(みょうこうさん)。大喪な肩書き並ぶ偉いお山なのかしら。

d0143739_122012.jpg
久々に登場のカブヒロも一緒にハイキング。
わんこも乗れる、スカイケーブルで信越の山並みや野尻湖を眺めながら妙高高原の大自然の中を標高1300mの空中散歩。

d0143739_1275740.jpg
開放感〜!!
さぁ、ハイキングを始めよう♪

d0143739_1331810.jpg
妙高山に上っては、妙高山は見えないよね...。
ココから見えるのは長野県の名だたる山々と湖など。長野県との県境に近いので、新潟県にありながら北信五岳のひとつとして数えられている。清々しいもやはり気温がグッと下がって残暑な日でもシャツ1枚はおりたいほどなのだ。

d0143739_1452770.jpg
山道を行く!はつらつ顔のカブヒロ。

d0143739_151881.jpg
歩みの弾みが止まらない?!どうやら行きたい場所があるらしく、導くように一心不乱に向かうその先には?

d0143739_20539.jpg
やっぱり水辺だ☆(゚∀゚)
飽くなき探究心、今日は妙高山の小川をこざくのだ。

d0143739_2141311.jpg
なにがそんなに興味を惹くのか...。しっぽも立ちっ放し、冷たい湧き水に浸かりこざくこざく。こうなったら長いの、彼。

d0143739_2214249.jpg
気が済むまで待つしかない...。

d0143739_222199.jpg
気が済むまで待つしかない...。

d0143739_223118.jpg
濡れた身体を乾かすのは、山風に当てての自然乾燥?!
偶然にハンモックを発見する、それも2つ。クセになりそうなほどの気持ちよさは、この清々しい空気のせい?初めて揺られたハンモックに感動のぼくと揺れに戸惑うカブヒロなのです。

d0143739_2405675.jpg
これが、妙高山。
越後富士(えちごふじ)の異名を持つ、新潟県を代表するゴリッとした山だ。カブヒロのお気に入りの山になったのは間違いないな。

*******************
妙高市観光協会《妙高山》
●定休日:— ●電話:0255-86-3911
*******************



[PR]
by ym-pi | 2012-10-08 02:49 | 新潟/北陸/東北 | Comments(0)