カブの法事で帰省

d0143739_21324532.jpg
久々にカブヒロ登場!!
実家に戻っていたのは、ぼくが1歳の頃に3歳の幼さで事故で他界した、今年に三十三回忌を迎える実兄の法事のため。偶然かなんなのか、ぼくの「誕生日」が「命日」と言う、ウソのような本当の話し。

新しい畳の薫りが心地いい、カブヒロもご満悦♪

d0143739_21522834.jpg
むかし見たお供えものは、派手なパッケージのお菓子がたくさんだったのに、今は箱もの多々?!

d0143739_21514333.jpg
昨年、他界したじぃさんの書いた「書」が誇らしげにかかる。

d0143739_223304.jpg
お経あげている時は、別室で大人しくしているカブヒロ。
親戚連中からは、「賢い犬」と思われ...。祖母なんてもうメロメロ?!なんとも外面だけはいいのがムカつくなぁ。

d0143739_22183245.jpg
お墓参りにも散歩がてら同行。
決して粗相のないようにと気を付けるも、外面のよさ本領発揮でまったく問題なし。立派な4歳の大人なのだ。

d0143739_22333553.jpg
人は死んでしまうと年をとらない、と丹●哲郎。
ずっと33年間、これからもずっと3歳児のままのピーターパンのような話し。正直、当時1歳のぼくとしては、彼の存在を覚えているわけもなく、物心ついた時はもう仏壇の中。

彼の人生が、今のカブヒロより短かったこと...。なにも基準にはならないけど、そのことがズシッと心に下がる。

d0143739_22515082.jpg
最後は、お食事会でシメ!
近くの親戚・親族、遠いところからわざわざ来てくれた方々に心からの感謝の言葉。そして最後の最後に...。

カンパーイ!! いや、献杯!

残念、台無しです...。
三十三回忌、これででおしまい♪


* * * * * *

d0143739_2322170.jpg
たまにはバンドのことを。所属するMWOで、12月のジョイントコンサートの準備が始まります。まずは、楽曲を決めなければ?!

候補の2曲は、下記の通り。


★Russian Christmas Music

▲リード*ロシアのクリスマス音楽
厳粛な雰囲気から始まる音楽は次第に高揚し、神々しい響きに包まれていく。東方正教の奉神礼音楽を思わせるリードのオリジナルの旋律で構成される、スラブ魂を感じる秀作。



★Variations on a Hymn by Louis Bourgeois

▲スミス*ルイ・ブルジョワの賛歌による変奏曲
初っぱなからキラキラしたファンファーレが響き渡り、爽快な音楽がリズミックに疾走する。高度な技術を要するも、サウンドの大きなうねりは、興奮に満ちあふれる。

まったくタイプの違う楽曲で、ここから1つ選べるかな?




[PR]