人間のいる場所

d0143739_0302858.jpg
さるくの帰りに連れて来て頂きました。
知る人ぞ知る、名店の予感♪場所がいまいちよく分からないけど、確かに薄ぼんやりと浮かぶパラレルワールド。

威勢のいい大将が、いらっしゃい!サクサクッと大人数でもカウンター越しにきっちりまわしてくれる、とりあえずのビール!!

d0143739_0435266.jpg
まずは、長崎名物キビナゴ刺し。
1つ1つの仕事が丁寧でなんて美しいんでしょう。もちろん味も臭みはなく、あっさりしているけど甘みのある良質の素材。

d0143739_0543050.jpg
トロと言って出された、ヒラマサの刺身。
パッと見は、カンパチやブリと似ている。柔らかい舌ざわりであっさりした味は、日本酒や美味しい焼酎にぴったりなのでは。

d0143739_111036.jpg
これが、鉄火巻き?!
長崎名物の「白い鉄火巻き」!

各県民がひな壇に並ぶ某番組にも出演したと言う、こちらの大将の鉄火巻は、ヒラマサを巻いたもの。そもそも昔、長崎には本マグロを食べる文化がなく、白身を使った名残りなのだとか。

広辞苑で「鉄火巻き」を引くと、「鮪の身とわさびおろしとを中に入れた海苔巻鮨」と出るので、鉄火巻きと言えばマグロなんだね。

d0143739_125582.jpg
箸休め的なセレモニーは、なんと...?!
軍艦島の厚生食堂のどんぶりが、目の前に鎮座?!ここでも歴史遺産が間近に垣間みれる。実は大将、元軍艦島の住人。日給社宅にあった厚生食堂の大将の息子と言うから納得のアイテム。

と、言うか自宅のどんぶりを持ってるだけ?!
こびりついた土が時間の経過を表す。無理やり剥がそうとすると割れてしまうかもしれないので、そのまま残しているのだそう。

きっと、屈強な炭坑夫たちが、カツ丼や天丼などのパワーフードをこのどんぶりから食べて採炭に精を出していたに違いない。奥に写るのが、厚生食堂のビールジョッキ。

d0143739_1424448.jpg
カイワレの昆布〆にぎり。
昆布〆にじっくり浸したカイワレは、特有の苦みもなく爽やかなで昆布の旨味が上品。シャクシャクとした歯ごたえも心地よく、野菜ネタとしてもシンプルにうまい。

d0143739_1485772.jpg
長崎県産ウニの軍艦。
とにかく新鮮で旨味・甘みがギュッとつまった濃厚な味わい。
パリパリの海苔で頂きます!

d0143739_23545560.jpg
個人のペースは無視して、大将のペースで進みます...。
続いては、くじらベーコン。これも風味豊かな長崎名物なのだ!

d0143739_1595524.jpg
ここまででも結構満腹感が...。
そんな頃に、ぶりかま?!胃をグッと空けてそこにカマを!ジューシーでホロッと崩れる白身の美味しさ、味付けの塩梅の良さ、素材の良さを遺憾なく発揮された上質の味わい。

うまい魚を食うと、うまい酒が飲みたくなる。
さらに、うまい話し(軍艦島・長崎の歴史など)も要チェック!

*******************
タイチ寿司《西浜町》
●定休日:— ●電話:095-826-2744
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


* * * * * *

d0143739_2195619.jpg
嗚呼、軍艦島。




[PR]