軍艦憧憬:施設へ行こう

d0143739_22584561.jpg
連日の軍艦島ロケに少々疲れ気味...。
上陸するこの光景も見慣れてしまう贅沢。

d0143739_23121553.jpg
連なる巨大な鳥居のような均等にならぶ柱。
神殿のような、宗教施設のような雰囲気を醸し出すが、これは集められた石炭を船に運ぶためのベルトコンベアー跡。炭坑夫たちが命がけで採炭した黒いが明るい未来がここに流れていたのだ。

d0143739_23233377.jpg
国内最古の鉄筋コンクリート造アパート、31号棟。
日本の鉄筋コンクリートの建築文化はここから始まった。下請業者用の住居施設で、すぐそばが海といこともあり、台風と潮害も酷くもっとも住環境としては劣悪なところだったところ。

d0143739_0323112.jpg
中は吹き抜けになっていて、少しでも陽の光を取り込んで明るくする工夫。でも、湿気が隠って不快指数は高い...。

d0143739_016653.jpg
30号棟と31号棟の間にチラリと見える25号棟の階段。
25号棟の1階には島内唯一のスナック「白水苑」が、2階は島内唯一の旅館「清風荘」があった。

栄華をほこっていた頃の軍艦島は差別社会で、お金になる石炭を掘る炭坑夫や役職のある社員は丘の上にある社宅やアパートに住めるが、それ以外の商人は住環境も劣悪で家賃も高いことろに追いやられていた。それでも、ここに住む魅力があったのかな?!

d0143739_0185516.jpg
その都度、島から出るわけにはいかないので、福利厚生はなんでもある。地下の階段を下りれば、モダンな理髪店...。

d0143739_021494.jpg
設備の整った歯医者だってあったに違いない。

d0143739_0282734.jpg
台風で今は、大半が崩壊してエントランス部分だけが残るが、ここでは映画上映があったり、歌謡ショーなどテレビが普及する前は島内一番人気の娯楽施設だったそう。

風営法が制定されるまで遊廓まで存在したそうです。

d0143739_046067.jpg
爆破されたかのようにがれきが散乱する、道無き道...。道が無くとも機材担いでえっちらおっちら。

d0143739_048163.jpg
人が集まるところに必要なもの。その一つが宗教なのかも。
祠もふっ飛んでしまい、雨ざらしのまま佇む仏様。宗派はいろいろあれど、ここは全ての宗派を受入れる総合宗派「全宗」。従来の枠組にとらわれないモダニズムな和尚さんだったのかも。

d0143739_0572617.jpg
朝から上ったり下ったり、歩きっ放し。疲れのピークはとっくに越えているはずなのに一向に歩くのを止めない取材陣。

d0143739_0595716.jpg
陽がコンクリートと瓦礫の山に降り注ぐ光景。無人になってから茂った植物、そして聞こえてくる鳥の声と潮騒。この地球上から人間がいなくなったら、こんな感じなのかな?

静寂に包まれた軍艦島では、植物だって語りかけてきている気がするほど。そこは楽園と言う場所なのだろうか?!

d0143739_192112.jpg
そんなことを考えつつも、頭の中は今日の晩ごはん♪


* * * * * *

d0143739_11528100.jpg
長崎に来て、やっとちゃんぽんに巡り会えた♪ ご自宅からのアテンドは、20代半ばを共にKO線沿いでチープでキッチュに過ごした山ちゃん。ku:nelを自でいく、愛すべきロハス系女史なのだ。食後に自宅に押し掛けたにも関わらず、快く連れてってくれました。

d0143739_131010.jpg
今まで出会ったちゃんぽんの中で、平皿の上にどんぶりがのっかってるなんて、品格で言うと1番!!もちもちの麺が、やや甘めのさっぱりとしたスープに絡む。シャキシャキとした野菜と共に食べて、モチシャキな食感を楽しめます。繁華街にあるお見せながら、ホテルの中華レストランの味と雰囲気が味わえます。

*******************
蘭桂坊《長崎》
●定休日:不定休 ●電話:095-811-2323
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪



[PR]
by ym-pi | 2012-07-27 01:54 | 沖縄/長崎 | Comments(0)