牧志の市場にて

d0143739_14572970.jpg
アジアの香り立つ市場。
この雑多な感じとそこそこ活気がいいんだなぁ。

初めて訪れる場所では、まず市場へ出かけると、その場所を知ることが出来るそうです。と、言うことで...。

d0143739_1595265.jpg
那覇市の第一牧市公設市場へやってきました。
国際通りから市場本通りに入って、分かりやすいとは決し言えない入口をくぐると、そこは那覇市移民の台所的市場。沖縄ならではの精肉・鮮魚・青果など、ザ・オキナワ を感じることが出来る。

d0143739_1517173.jpg
南国の魚の代表格 イラブチャー と言う魚がキテル...。
ブルーの外装に民族的なオレンジのラインが独特の南国感を醸し出すトロピカルフィッシュ。刺身にしてもより、煮てもよし、もちろん焼いてもいいらしい。それにしても派手!!

現地の人曰く、本土の市場の魚は地味でおかしいそうな...。

d0143739_15264391.jpg
多分、マッドクラブ だと思われ?!
マングローブ林によく見られ、ハサミに特徴があり肉がたっぷり詰まっているので、茹でて食べると美味しいよね。

その後ろには、ヤシガニ!!
こんなのどうやって食べるんだろう...?

d0143739_153365.jpg
周りが普通の伊勢エビなので、その大きさは横綱級!!
シドニーで食べた30年もののロブスターよりもデカい。何歳なんだろう?もしかしたら先輩かも??

d0143739_15392612.jpg
沖縄と言えば、やっぱり豚!!
写真は下から撮ると笑って見えるよ♪とお店のご主人。

ナイスアドバイスです☆(゚∀゚)
このブタめ!しょうが焼きにしてやろうか♪

さて、この市場では1階で仕入れた食材を2階で調理してもらうことが出来ます(有料)。贅沢な沖縄フルコースが堪能出来るとても動線のしっかりした市場なのだ。

d0143739_15422970.jpg
なのに、ソーキそば?!
いろいろ探索していたら時間もそこそこ...。

なにがどう違うのか? 沖縄そばソーキそば
沖縄そばの具は、豚の三枚肉。ソーキそばの場合は、その名の通り具が豚のソーキ(豚のスペアリブ)。それ以外は全て同じ味付け、同じ具材だと言うこと。勉強不足でした...。

市場ではいろいろショッキングな様子を見てきたのもあって、とても優しくホッとする味で安心のひと時を過ごせました♪

*******************
次郎坊《第一牧志公設市場2階》
●定休日:第4日曜 ●電話:098-866-6099
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪



[PR]