ラップランド*ロヴァニエミの街歩き(その1)

d0143739_23474273.jpg
ずっと、真っ白。
ずっと、ご機嫌のぐっさん♪

d0143739_0253681.jpg
朝食は、ホテルで。
宿泊ホテルは、ロッジタイプのホテル サーリセルカ・トゥントゥリ・ホテル。アメニティほとんどなしの男らしいホテル。


このあたりは、時計やティッシュもないので要注意!冷蔵庫より外の方が寒いので、ドリンクはほとんど外に置いていました。

d0143739_033061.jpg
朝食ビュッフェの一角にアジア風朝食とかかれたものが...。

ジャーに入った白米生玉子キッコーマン、それに味噌汁?!
アジア風朝食とは 玉子かけごはんのことなのだ!

日本人のツーリストが多いのかな?

*******************
Saariselka Tunturi Hotel《Saariselka》
●定休日:— ●電話:358-16-68111
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪

食後、サーリセルカから北極圏の玄関 ロヴァニエミへと移動♪

d0143739_0464377.jpg
バスで約3時間後、ホテルに到着!さぁ、ランチランチ!!
そろそろお米が恋しくなってきた...。偶然、ホテルの隣りがこの街に2店しかない中華料理店の1つ。

d0143739_11249.jpg
ランチでは、ビュッフェと29種類から選べるランチ、どちらかを選べます。正直、あまり期待してなかったけど味もサービスも良かった思います。

*******************
祥龍《Rovaniemi》
●定休日:— ●電話:016-319-331
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


d0143739_165891.jpg

食後は、街さんぽ。
ロヴァニエミは北極圏の入口から南へわずか8kmにあるラップランド州の州都で、この地方の行政・商業の中心地。1944年第二次世界大戦で大半が破壊された街は、フィンランド人建築家のアルヴァ・アアルトの都市設計により再建されました。





ロヴァニエミ・ルーテル教会は、戦後焼け野原になったロヴァニエミで一番早く再建された教会は1950年に完成。
d0143739_1265763.jpg
正面にはスカンジナビア最大級とも言われるフレスコ画。
イエスを描いているのに上手側に、オオカミがシカを食べているところがあったりと、実際目の当たりにすると、グッときます。


d0143739_139251.jpg
感動したら、お腹がへった!
た・し・か... 帰り道にロヴァニエミで一番美味しいと評判のベーカリーが...。たしか、手作りケーキが美味しいとか。


d0143739_1464474.jpg
うむ、なるほど!
有名パティシエが作ったと言うよりは街の手作りケーキ屋さんのような、どこか懐かしい味。酸っぱいベリーと甘〜いクリームが、バッチバチの試合をしています...☆(゚∀゚)

*******************
Antinkaapo《Rovaniemi》
●定休日:— ●電話:016-310-460
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


■□ふぃんらんどのわんこ U^ω^U #03
d0143739_213077.jpg
*ショッピングセンターの前で主人を待ちぼうけ☆(゚∀゚)
シウラ(サーリセルカ)にて。 2011.3.20

[PR]