みちのく もち文化

d0143739_22235689.jpg
華麗なるもち文化を育んだのは、一関。
全国でも珍しいつきたての「もち料理」が伝統で、最高のおもてなし料理と言う。冠婚葬祭、季節の行事、人生の節目ごとに「おもち」が登場。無類の「おもち」好きのぼくには、たまらないのです。

d0143739_22334743.jpg
あんこ、ごま、ずんだ、そぼろ、菊、チーズなどなど。
バラエティー豊かな16種類の「おもち」が美しい。知恵と工夫の賜物であるもち料理は、その存在自体が格式高く多彩なのだ。

仕事(撮影)は、ここまで〜♪

d0143739_22423070.jpg
クランクアップ!!打上げはこちらで (^0^)/
一関(いちのせき)市のせきのいち

「はっと膳」と言う、郷土料理が運ばれます。
この地域のケの日の料理(日常食)といわれている”はっと”小麦を薄く引き延ばしたものです。

d0143739_22521743.jpg
アイスバイン(豚肉のすね肉香草焼き)!!
一関ミートさんの代表作のアイスバイン。ただ、豚一頭から4本しか取れないため、一般販売はしていない。レストランでしか味わえないご馳走です。

d0143739_2335791.jpgEisbein という名前は、もともとラテン語の os ischbeen(坐骨) と言う意味。ドイツ語の Bein は脚で、Eis は 氷 を意味するが、この料理では 氷 は、まったく関係ないです。赤身とゼラチン質にコラーゲンがたっぷりでお肌がぷるぷるになりそう。(※個人的な感想です。)あの厳つい骨をカブヒロに持って帰ってあげたかったなぁ...☆(゚∀゚)

*******************
蔵元レストラン せきのいち 《一関》
●定休日:なし ●電話:0191-21-1144
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村

[PR]
by ym-pi | 2010-10-25 23:16 | 新潟/北陸/東北 | Comments(2)
Commented by 泉 紫音 at 2010-10-26 13:14 x
お餅良いですね~♪
美味しそう(><)
お正月近くになると、お餅を食べだして、1月一杯は、お餅食べて、ぶくぶく太っています www
それにしても、お料理も美味しそう♪
この前、お客様がお見えになって以来、手の込んだご飯していないので、また作ろうかな♪

前の日記ですが、先輩、少食だったんですね~(><)
たぶん、私の方が、馬鹿食いしそうです www
こんな身体で、普通に1.5人前位食べちゃいます(笑)
ちょっと、食べすぎでしょうか?
Commented by ym-pi at 2010-10-29 14:34
*泉紫音さん
お餅ってぺろりと食べれるけど、結構カロリー高いから気をつけないとね。よくよく考えてみると16杯のお餅ってすごいかも...?!
あと、泉紫音さんの身体で1.5人前位食べるのは、食べ過ぎだと思います(笑)