d0143739_04536100.jpg
ひたすらまっすぐ1,425m!
池間大橋を渡って、宮古島から池間島へ。台風が近づいているなんてウソのような美しい波の見える風景を爽快に走ります。

d0143739_122783.jpg
色使いがいかにもな建物を発見。ちょっと昔に流行った沖縄映画とかに登場しそうな佇まい。地味にテンションは上がるもの♪

d0143739_1134440.jpg
1房ではなく、1本100円の島ばなな。すっきりした甘さで食べやすく、サイズ(ボリューム)的にもジャストな大きさ。



★ホテル・ハイビスカス

d0143739_0473078.jpg
空の青と海の蒼...。ウソのようでしょ、こんなにきれいなのに今年は台風が来なくて海の水の入れ替えが出来ていないから珊瑚礁が白化して危機的状況なんだって。


* * * * * *

d0143739_1262682.jpg
宮古島に戻ってMWOのHくん推薦のお店は、古謝そば屋。
島内で最も古い宮古そば製麺所が営む老舗宮古そば店。

d0143739_1372182.jpg
愛くるしいシーサーたちがお出迎え♪

d0143739_139069.jpg
とってもおトクな そばセット。名物の宮古そば、炊き込みご飯のじゅーしー、日替わりおかず、もずく、漬物、ドリンク(コーヒー・紅茶・オレンジ)とたくさん小鉢がついた一膳。

丸ストレート麺の宮古そばは、コシがしっかりとしいて、スープは出汁の効いたすっきりとした清湯。初めて食べたじゅーしーは、豚肉とかまぼこのシンプルなもの。豚の脂分が多めのコク深い逸品。わりと苦手だったもずくだけど、沖縄のもずくは今までの概念が変わる美味しさ。

結構、ボリューム感があるように見えて味の足し算引き算がきちんと考えられている繊細で美味しいセットでした。観光で来ると言うよりは、地元の人にいつまでも愛されるふらっといつでも来たくなるようなお店です。

*******************
古謝そば屋 《宮古島》
●定休日:第1・3水曜日 ●電話:0980-72-3421
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪



[PR]
d0143739_219843.jpg
羽田から那覇で乗り換えて、遥々きました初上陸の宮古島。
恐れていた台風も停滞気味でなんとか滞在中は無事に過ごせそう♪

d0143739_235556.jpg
レンタカーの手続きしている間に空港で見つけた想定B級グルメ?!"まるそう"のうずまきサンド。

伊良部島名物が宮古空港に売ってると思って鼻息荒く買うも、この後至るところでお見受けします。甘いパンにクリームとジャリジャリと存在感のある砂糖。チープでキッチュなパンとロールケーキの間?!こう言うのぼくは好きです。

d0143739_2485876.jpg
まずは海を見に行こう!
前浜ビーチから望む来間島と来間大橋。驚くほどの透明な海水にきめ細やかな砂は、裸足で触れるのが気持ちいいほど。

d0143739_2544671.jpg
ここは、海と砂浜のコントラストの美しさは東洋一とも称される宮古島を代表するビーチなのだ。広くて美しいビーチにもかかわらず、人が少ないのも魅力。

d0143739_2584072.jpg
この旅の目的の1つである 肉を食らう!
普段飲まないビールも抜群に美味しい宮古牛をいただくのであれば、1杯いっちゃいます。

d0143739_385568.jpg
自信の一品特選宮古牛五種盛り合わせ。
その日のおすすめをチョイスした美味しいとこどりの一皿。

d0143739_3172024.jpg
脂が少なく赤身系かと思ったら、脂の旨味濃度が濃くてジューシーで脂の旨味が肉をしっかり包んで柔らかい。
粋なり幸せが溢れちゃう...。

d0143739_318816.jpg
肉好きとしては外せない宮古牛のタタキ。
やっぱり生でも美味しい、当然のように美味しい。

d0143739_326427.jpg
おススメされたA4サーロイン焼きしゃぶ。
美味しい赤身を薄く切って...

d0143739_3294436.jpg
しゃぶしゃぶっと焼くと脂が焼けてすぐに焼き完了。スッと溶き玉子に潜らせて幸せもう1つ頂きました。だけど...溶き玉子に潜らせたら"しゃぶしゃぶ"じゃなくて"すき焼き"なんじゃなかろうか?!

d0143739_3373367.jpg
このお店が特別美味しいのか?これが宮古牛の真の実力なのか?は分からないけど、割とコスパもよく旅の初日のわくわく感も相まって楽しいひと時を過ごせました。

ぼくは好きです。

*******************
喜八 《宮古島》
●定休日:月曜 ●電話:0980-73-3859
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪




[PR]
d0143739_22585762.jpg
うだるような暑さが続く日々...。
湘南の行列必至の人気かき氷のお店に訪れてみた。かき氷を食べるのに開店時間に行っても2時間待ちの想像以上の込み具合...。

侮れん、かき氷業界?!

d0143739_235868.jpg
ファンシーなメニューには、オーソドックスなものから生フルーツを活かしたパフェのようなものまで多種多様。

d0143739_239428.jpg
かき氷なのに割高だと思っていたら、デカッ!!ドッチボールくらいあるかき氷...もう立派なデザート文化になっているんですね。MWOメンバーの氷の女王Mさんは ピーチ&ヨーグルト。

d0143739_23264100.jpg
笛吹きHくん(奥)は、濃厚な生メロンが魅力の メロン&練乳、ぼく(手前)は、上品な甘さが不思議と氷にジャストマッチな和三盆&練乳(商名:かまくら)。

d0143739_23392484.jpg
シルクのように滑らかな口どけ感と上品な甘さを充分に堪能した後は、練乳投入!!

やっぱりスイーツは甘くなくっちゃ、スイーツじゃない。和三盆のほのかな甘さと練乳のミルキーな2つの甘さが交わってもくどくなるわけでもなく、さらに上質な甘味になっていくのが足し算の妙。

d0143739_2342280.jpg
わざわざ遠出して訪問する価値は大いにあります。

*******************
埜庵 《鵠沼海岸》
●定休日:月・火曜 ●電話:0466-33-2500
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


* * * * * *

d0143739_023597.jpg
かき氷熱が灯ったところで、もう一軒。
横浜は中華街に移動して台湾茶芸の専門店で台湾式かき氷。タピオカミルクティーの台湾カキ氷(テイウンタピオカスノーアイス)は、台湾茶専門店の本領発揮?!

ミルクティーの氷が香り高く、タピオカのもちもち感が食感のいいアクセント。てっぺんに添えられたチョコウエハースが冷えた口の中を通常の状態に戻す。飽きさせない工夫が盛りだくさん♪

d0143739_0151694.jpg
台湾マンゴースノーアイスは、ふわふわ氷にはマンゴーの味がついていて、甘いフレッシュマンゴーの果肉がごろごろ&濃厚ソースがとろ〜り?!そして、マンゴープリンがそのままどーん!!

マンゴーの美味しい食べ方全てを一皿にした逸品。
立派なマンゴーでした☆(゚∀゚)

d0143739_026651.jpg
2軒目もペロリとたいらげ、次はどこ行こうかな...。

*******************
鼎雲茶倉《日本大通り》
●定休日:水曜 ●電話:045-227-5385
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪



[PR]
d0143739_113553.jpg
8歳にして初めてサマーカットしたカブヒロと毎年恒例の 海水浴 in 日和山(日本海側)。年を重ねるほどにたしなむ程度の海水浴になりつつあるのが、ちょっと寂しいけど寄る年には敵わないのは人間も犬もいっしょなのだ...☆(゚∀゚)

d0143739_120219.jpg
浸かるだけ、いるだけの正に 海・水・浴!

d0143739_12818.jpg
基本的に足がつくことが安心の条件。
とは言え、大好きな海を満喫しないわけがない?!打ち寄せる波、流れ着く海藻、細やかな砂、そして照り続ける太陽...。なにがどんだけお気に入りなのか、よく分からないけどここに来ると目が爛々と口角上がりっ放しになってる気がするの。

d0143739_1393924.jpg
帰る頃には、格段に凛々しくなっている気もするものです。


* * * * * *

d0143739_1422290.jpg
ラーメン屋だけどアレがすごく美味しいと噂のお店...。
暗がりにぼんやり浮かび上がる、いつも前を通るだけのカウンターだけの街のラーメン屋さん。シロママによると実は...

d0143739_153515.jpg
呑んだ後に食べる、ラーメン屋の 焼きそば!!
あえて味付けは薄味のあっさり系。カウンターのソースで自分好みに調整する、コンディションに合わせるタイプ。散々食べて呑んだ後でのいけちゃう悪魔的な焼きそばなのだ。

d0143739_2813100.jpg
さらに 王道のラーメン も、あっさりした屋台系。
麺は、焼きそばと共に細いちぢれ麺。細切りシナチクのしゃくしゃく食感も心地いい、あっさりスープがやさしいんだなぁ。

これぞ、〆のラーメン!
新潟の夜のシメは「へぎそば」と決めていたけど、ここにきて対抗馬が現れた...。今後、嬉しい選択肢が増えました☆(゚∀゚)

*******************
ラーメン拾番 《新潟》
●定休日:水曜 ●電話:025-224-7629
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪



[PR]
d0143739_19928.jpg
ちょっと前から企画していた持ち寄りパーティー♪

初めてよそで作るスパニッシュオムレツ。
ちゃんと上手に出来たよTaoさん!その他にもマテ鳥のサラダや自慢のチーズ、スパークリングワイン、ミントティなどなど。

d0143739_1241785.jpg
メインは各自持ち寄ったオススメの美味しいパン☆(゚∀゚)

食事パンに甘いパン、変わり種パンやクロックムッシュなどをどっさり、食べても食べても出て来るわんこパン方式に昼から夜までずーっとお腹いっぱい...。演奏会前にMWOメンバーと鋭気を養ってなんとか今月の本番、頑張れそう♪


* * * * * *

d0143739_1551592.jpg
そんなわけで、5月22日の日曜日に所属しています楽団の演奏会があります。"吹奏楽"ならではの響きを感じて頂けるプログラムです。


 第8回定期演奏会
 ---------------------------------------------
 日 時 2016年5月22日(日)14:00開演/13:30開場
 場 所 杉並公会堂 大ホール
 指 揮 須山 芳博 川村 慎敬
 料 金 500円(全席自由)
 ※小学生以下、60歳以上の方は無料でご入場頂けます。

 曲 目 エルサレム讃歌 リード
     Fanfare, Ballad and Jubilee C.T.スミス
     バレエ音楽「シンデレラ」より抜粋 プロコフィエフ
     稲穂の波 福島弘和
     デリー地方のアイルランド民謡 グレインジャー etc.

 主催:マシュアールウインドオーケストラ
 後援:東京都一般吹奏楽連盟
 お問い合せ:mail_mwo@yahoo.co.jp



★三つのジャポニスム(第7回定期演奏会より)


* * * * * *

d0143739_2253055.png
d0143739_22956.png
MWOメンバーが表紙を飾った「吹奏楽」のフリーペーパー Wind-i miniが楽器店などに置いてあります。

Vol.19「特集:カルテット」には、ぼくも表紙に出ています!ためになるフリーペーパーですので、是非読んでみて下さい♪



[PR]
d0143739_191057.jpg
東京で好きな街の1つに 神楽坂。新しい文化と古い文化、またそれぞれをいいとこどりしたハイブリッドな考え方が混在し心が洗練されるお洒落スポット。雰囲気が残る小路を歩くと小さいけれど宝物のようなお店を見つけることが出来る。

d0143739_1154457.jpg
カレーの名店だってたくさんあるけど、今回は開店してたり閉店してたりと趣味系の1店。迷い込んでこそ発見出来るような立地に入りづらい佇まい...。けど、勇気を振り絞れば気さくな店主が迎えてくれます。日替わりのダブルカレーは キーマ&インドネシア!

d0143739_1243540.jpg
インドネシアカレーは、チキンがじっくり煮込まれていてフルーティでまろやか。

d0143739_1281639.jpg
キーマカレーは、挽肉ホロホロでたくさんのスパイシーの香り高く旨味が凝縮。カウンターだけの決して広いとは言えないお店だけど、店主のこだわりとリピーターのカレー愛好家に愛された路地裏の名店見つけた♪

*******************
㐂作亭《飯田橋》
●定休日:不定 ●電話:03-3260-6639
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


* * * * * *

d0143739_1415819.jpg
この辺りは 神楽坂上 と言うみたい。
大きな通りや有名な「赤城神社」の裏は民家や工場などが軒を連ねるけど、こんな角に古民家を発見!

d0143739_157288.jpg
目線がグッと低くなる、おばあちゃんの家に来たかのような懐かしさを感じた和室にお膳が並ぶ。

d0143739_2151945.jpg
お店の名前がついた 今日のカド定食は、鯖の煮付け。鯖が見えなくなるほどに水菜がどっさり?!

d0143739_2284658.jpg
雰囲気良し、コスパもよし、味良し、そしてこのボリューム。鯖は骨がほとんど取られているので食べやすく、いっしょに煮込んだ梅干しが利いて上品な甘さに仕上がっています。

*******************
カド《神楽坂》
●定休日:なし ●電話:03-3268-2410
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪


* * * * * *

d0143739_2383930.jpg
神楽坂の路地裏の小さな一軒家で旬のフルーツを使った自家製シロップと天然氷のかき氷。

季節限定の「さくら」は、さくらの香りのシロップ、食感や色味にもこだわったパリパリのザラメ、モッチモチの白玉麩と桜麩をトッピング。甘さだけではなく、食べ進めるごとに登場する変化する食感で飽きることなく美味しくいただけます。

d0143739_244407.jpg
ふわっふわに削られた氷は、南アルプス・八ヶ岳の天然氷。小さなこだわりとアイデアが散りばめられたシェフの作品で夏を迎える準備は万端!

*******************
神楽坂 果のか《神楽坂》
●定休日:なし ●電話:03-6280-8002
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪




[PR]
d0143739_1417244.jpg
田園地帯に1本の道、その先に連なる日本アルプスの峰々。
ふとした瞬間に絶景に出会えたのは、穂高近辺をレンタサイクルでのんびり走っていた時のこと。秋頃だと黄金色に輝く稲穂の波がまた一段と日本の原風景を引き立たせるのだろう。

d0143739_14271975.jpg
日本アルプス、安曇野の天然水が流れる川。

d0143739_14361164.jpg
なんでもないようなところが、どこをとっても画になる風景が広がります。水が澄めば、心も澄々。

d0143739_1445056.jpg
安曇野に広がる日本一のわさび園 大王わさび農場。雪解け水湧き出る豊かな豊水地帯に圧巻のわさび園が広がります。

平均13度という北アルプスの湧水が、毎日畑全体から湧き出し、豊かな自然を活かしたシンプルで透明なわさびは一級品。

d0143739_1451149.jpg
グルメだって、その名の通りとにかくわさびだらけ?!
限定の名物 わさび丼 は、あのドラマを見て以来気になっていた一品。広大なわさび園を一回り散策して、ちょうどお腹もいい具合に減ったところでいただきます。

丼には鰹節、きざみ海苔、ネギとシンプルな具材。

d0143739_1458810.jpg
そこに自らわさびをすってお好みの量と醤油で調整。
以前、某グルメ漫画で山岡さんがわさびは円をかくようにするって言ってたからそれに然う。すっている途中、目がしみても決してわさびを持っていた手で目を擦らないように!

採れたてすりたてのわさびは、鼻にツンとくる刺激はあれど、辛さは少なく爽やかな風味がすり抜けていく感覚。豪華具材がのった丼もいいけど、こんなにシンプルな丼もすごくいい。普段は引き立て役のわさびも主役となり脇役となり、この丼の舞台を静かにもり立ててくれます。ここに来ないと味わえない味。

d0143739_15225822.jpg
デザートに わさびソフトでしめましょう。
ソフトクリームだけに辛さは全くなく、まるでミントのような爽やかさを演出してくれます。

d0143739_15262199.jpg
お土産屋にもわさびがいっぱい!
原木以外にも、わさびを使ったお菓子や漬け物、まるでわさびのテーマパーク。一生分のわさびを見てしまったかも...。

*******************
大王わさび農場《穂高》
●定休日:なし ●電話:0263-82-2118
*******************


* * * * * *

d0143739_15333069.jpg
お腹もいっぱいになったところで、さぁ風をきって走りましょう!






[PR]
d0143739_2374499.jpg
現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城、松本城。
通りすがりの旅の途中、ふらっと訪れたるは長野県の中部に位置する松本市。雨男のぼくには珍しくお日柄もよく、ノスタルジー感じるかつての城下町を散策です。

d0143739_2355059.jpg
ひと際異彩を放つ木造校舎?!日本で最古の小学校 旧開智学校。
中央に八角塔が高くそびえ立っていたり、各窓に舶来のギヤマンなど文明開化の香る和風と洋風の入り混じったモダンなデザインについつい目を奪われてしまう。

d0143739_0165447.jpg
松本に来たからには、そば処へ立寄ろう。

d0143739_0193472.jpg
地元、北アルプスの玄蕎麦を毎日石臼で製粉し、中央にある最も旨いと言われている心拍の部分のみを使った贅沢な蕎麦。濃いめのダシは焼津の鰹節が決め手。穂高の山葵、松本のネギと長野県産が蕎麦を一層引立てる。

d0143739_0235887.jpg
瑞々しく白く上品で弾力があって、のどごしがいい。個人的にはもっと蕎麦の香りが強い方が好みなので、ちょっともの足りない感じが否めないがあまり出会うことのない食感とのどごしは体験すると面白い。

d0143739_028778.jpg
サイドメニューで、この時期ならではのふきのとうの天ぷら。春の訪れをいただきます!

*******************
もとき 開智店《松本》
●定休日:火曜 ●電話:0263-36-3410
*******************


* * * * * *

d0143739_1143293.jpg
松本城のすぐ近くにもう1つの名物。
とっても入りづらい雰囲気の佇まいのお店?!

d0143739_1201396.jpg
勇気を振り絞って巡り会える天然酵母の石焼おやき。釜の石の上でころころころがしながら焼いた表面がカリッと、中はしっとり野沢菜のお漬物。ボリューム満点、おやつにはちょっと多いかも...。

きちんと食事になる素朴な天然酵母の石焼おやきです。

*******************
鷹匠庵《松本》
●定休日:不定休 ●電話:0263-33-2057
*******************





[PR]
d0143739_14575849.jpg
3月12日、待ちに待った料理イベント。この日は、秋葉原のKai Houseのキッチンスタジオにて「世界のウチごはん」の各国の先生を呼んでの抽選で30名様ご招待の番組感謝祭なのです。

朝からバックヤードのキッチンでは、約50人分の料理の準備&デモンストレーションの下準備。作業スペース&IHは常に満席状態?!

d0143739_15112029.jpg
MCの三井さんも会場入り。テンションあげあげでお手伝いしてもらってます。何かと気の利く三井さんにはいつも助けられています♪

d0143739_15154338.jpg
Tao先生(スペイン)が魚介をジュ〜!
大人気のシーフードパエリア!オリーブオイル、にんにく、シーフードのを炒めるのいい香りがスタジオ中に広がる☆(゚∀゚)

d0143739_1517487.jpg
Fatima先生(モロッコ)がオリーブをコロコロ〜!
ミートボールのタジン鍋?!スパイシーな香りが異国情緒満点♪大瓶のグリーンオリーブは協賛スポンサーからのご提供です。

d0143739_15181652.jpg
Usha先生(南インド)がチキンをドーン!
ご自宅で準備してきてくれた自慢のチキンカレー。香りだけでコクを感じられる、Usha先生特製のカレーの香りがたまらん!

d0143739_15193139.jpg
Hyen先生(ベトナム)が豆乳ゼリーをズラ〜!
食後にはアジアンスイーツで清涼感を。ベトナムの豆乳ゼリー(ジンジャーソースがけ)は、爽やかでやさしい口当たり。

d0143739_15402530.jpg
人気のパエリアだって、フライパンを使ってベジタブル、チキン、シーフードと3バリエーション!

d0143739_1541918.jpg
先生持参のタジン鍋でとびっきり美味しく作るのだ!

d0143739_15214411.jpg
その他にもたくさんの料理でおもてなし準備OK!

d0143739_15452596.jpg
いよいよクッキングイベント開演!
ギリギリまで準備で、殆ど休憩してないけど、いつものTao先生と三井さん、気心知れたお客さんと共に楽しく美味しくレッスン。まずは、人気のシーフードパエリアを作ります!

d0143739_15532375.jpg
オリーブオイルもスポンサー提供。3リットルも用意したのに、殆どTao先生が使い切ってしまいました...。Tao先生曰く、スペインでは「オリーブ油は飲み物♪」だそう。

d0143739_1645060.jpg
さらに、スポンサー提供のアルガンオイル!これを使って、女性に大人気、モロッコのブルグルサラダを作ります。

d0143739_16121626.jpg
ズラッと並んだ各国の家庭料理は、レストランとはひと味違う、生まれ育った場所の各家庭のリアルな家庭料理。おかわりもいっぱいあるからたくさん食べてってね。こんな料理が出てくるレストランあったら通っちゃうだろうなぁ。

d0143739_16125995.jpg
家庭料理の基本は、手がこんでないこと。毎日食べるものだから簡単に作れること。そして、いつも食べたくなることかもしれない。

d0143739_16265411.jpg
朝からずっと楽しかった1日も、もうそろそろ終わり...。
偶然知り合った外国人の先生の偶然味わった素敵な家庭料理たち。それをたくさんの方と共有出来た時間はかけがえのないもののように感じます。

知らなかった習慣に驚いたり、楽しくおしゃべりしたり、美味しいものを食べてお腹いっぱいになれば、誰だって幸せな気分になります。また、こんなイベントに参加出来たらいいなぁ。

d0143739_16364695.jpg
でも、ちょっと張切り過ぎて作りすぎたかも...。あまった料理は全てスタッフで美味しくいただきました☆(゚∀゚)

ぼくは、この時間がいちばん好き♪



[PR]
d0143739_23144997.jpg
たまたま深夜テレビで見てしまった 食テロ的番組。
ただただ、ぼ〜っと見ていただけなのにどんどんタイ料理への欲望が押し寄せてくる☆(゚∀゚) 以前、この辺を仕事で訪れた時から気になっていたひと際気になるこのネオン...。

d0143739_2316434.jpg
この日、有給とってたなんて言えないよ。平日にも関わらず集まってくれた皆様ありがとございます♪

d0143739_09542.jpg
今回、一番食べたかった 海老パン。
外はカリッと中はふわっと軽い食感の中に海老のすり身の風味とスパイス。海老の風味が食欲をそそり、軽いパンはスナック感覚でいくつでもいけちゃう魅惑のパン、一見、油でカラッと揚げた感じが厚揚げのように見えるカリッとした外側はパンの耳部分。

d0143739_0185533.jpg
魚のさつま揚げは、日本のさつま揚げとは一風違った、スパイスの利いたエスニックな風味。パクチーを別盛りオーダーで、たっーーぷりタイ料理感出しちゃいます。

d0143739_0253296.jpg
ピーナッツの入った甘いソースに タイ屋台やきとり。
お肉がジューシーでスパイシー。パクチーと一緒でもよし、ピーナッツソースでちょっと甘くしてもよし。

d0143739_0402795.jpg
シメには、世界三大スープのひとつトムヤムクン。バイマックルの柑橘系の香りがさわやか。独特の酸味を残しつつも、ありがちなハーブの煮詰まった苦みなどはまったくなく、みそ汁のようにご飯といっしょに食べるとホッとします。

こちらもパクチー増し増しで!

d0143739_0493955.jpg

残念だったのは、トムヤムクンでは定番だと思っていたフクロタケの代わりにシメジだったこと...。たまたま切らしていたのかしら?それとも?!食感はそっくりで遜色はないと思うけど、他の料理がクオリティ高い分、ちょっと残念☆(゚∀゚)

*******************
タイ屋台居酒屋 ダオタイ《阿佐ヶ谷》
●定休日:なし ●電話:03-6768-1199
*******************
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
↑ごちそうさまでした♪




[PR]